集英社文芸単行本<br> マザリング 現代の母なる場所

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
マザリング 現代の母なる場所

  • 著者名:中村佑子【著】
  • 価格 ¥2,178(本体¥1,980)
  • 集英社(2021/02発売)
  • ポイント 19pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087717341

ファイル: /

内容説明

「マザリング」、性別を超え、ケアが必要な者に手を差しのべること――。揺らぐ命に寄り添う母の、孤独と疎外感。この社会で不可視化される、「弱き身体」の居場所とは? 記録されてこなかった妊娠出産期の経験をすくいあげ、「母」の定義を解体し、いまを生きる人々の声から、ケアをめぐる普遍的思考を紡ぐ。イケムラレイコ、イ・ラン、寺尾紗穂、ドミニク・チェンらへの取材も収録。

目次

まえがき
第一章 言葉を失った私と、あなたへの私信
第二章 女たちの館の孤独
第三章 少女たちの変身
第四章 無縁としての女性たち
第五章 失われた子どもたち
第六章 母の彼岸性
第七章 脱コルセット
第八章 養子――たくさんの手のなかで
第九章 父から見たマザリング
第十章 虚無としての母
第十一章 私たちの母へ
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

松本直哉

29
今まで母の場所はなかった。男たちは母を神聖化するか奴隷化するかのどちらかで、フェミニストは母たることをむしろ拒否してきた。居場所も言葉も失っている母の復権は、しかしむろん陳腐な母性神話によってではなく、広い意味の母性、濡れたものや汚れたものをやさしくぬぐい抱きとめる、生物学上の母を超えた〈ケアする〉存在、他者に対して常に開かれた存在によってである。そのことは、養子を育てる人や介護スタッフの男性や育児中の父親との対話からも明らかだ。脆弱なものを排除してきた男たちの近代へのラディカルな挑戦の可能性を秘めた母性2022/02/12

フム

27
感想を言葉にするのが難しい。出産直後の女性は、他者である我が子と自分との壁が溶解し、まるで繭の中にこもっているような特殊な時期を経験する。連載が始まった時のタイトルは「私たちはここにいる」母に限らず、社会から不可視化されて言葉にならなさを抱えた人達への思いが、インタビューを通して丁寧に掬い上げられ言語化されている。内側に隠すように、でもたしかに存在していた柔らかいところに触れていく言葉に、読んでいてかなり疲れを感じてしまった。読むのに時間がかかった。ジュディス・バトラーに関する言及が印象に残る。2021/05/01

ほし

19
素晴らしい一冊でした。著者の中村佑子さんは、妊娠出産を通して、自らの経験を語るような言葉が見当たらないような状態に陥ります。言語では捉えられない、生と死の境に身を置く中で自らが変容していく体験。それを起点に、中村さんは様々な立場の方々… 母である人、養子を迎えた人、母にならないと決めた人、父である人…との取材を通じながら、社会によってこれまで与えられていたような母親像とは違う、母なるものを再発見していきます。筆者の、自らの詩情や他者の気持ちを丁寧に掬い上げるような文章も素敵でした。2021/03/21

hana87

8
母であること、仕事をすること、社会的である事、など、全ての"べき"から自由になれるような、そんな感覚を抱いた。 もっと、自分という存在を素直に受け止めて、流れていこう、その方がいいや、なんて。 もっとゆっくりじっくり読むべき本なのに、急いで読んでしまった。いつか再読したい。2021/04/13

ムチコ

7
実際「勝手にそうなってしまう」のだろうけれど、特に乳幼児をもつ母親の「自他が未分である状態にものすごくアドレナリン出てる強者感」をつねづね「こわ。あれは何なのか」と感じてきたので、母である状態を誠実な言葉で探りなおす、といった前評判に興味を持って読んだが、全編を通して自他が未分である状態の神秘を圧倒的に肯定しその感覚を性別や母であるかどうかにかかわらず持ちましょう、という流れで、かなりしんどかった。それはわたしが生まない人生を歩んでいる、「母」からみた場合多数派/強者だっていうことの証かもしれませんが。2021/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17056584

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。