西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • Kinoppy
  • Reader

西洋アンティーク・ボードゲーム 19世紀に愛された遊びの世界

  • ISBN:9784863134973

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ヨーロッパのボードゲームが花開いた黄金時代。
「西洋版すごろく」の豊かな世界をビジュアルにたどる

19世紀から現代まで、いつの世も盤面は人の心を転写してきた。不可視の運命を可視化する、ボードゲームの魔力に触れる一冊。
──渡辺範明(ゲームデザイナー/プロデューサー、「ドロッセルマイヤーズ」店主)

本書で紹介するゲームは「西洋版すごろく」とでも言うべきもので、古き良き意匠がほどこされたマスを追って眺めているだけでも、子供のころのわくわくした気持ちがよみがえるだろう。

初期の高価な手彩色のゲームは上流階級向けの娯楽だったが、安価な大量生産が普及し大衆化するとともに、扱うテーマもデザインも多様に変化していった。
ボードゲームの基本となった《がちょうのゲーム》は、サイコロを振ってマスを進み、マスによっては前進後退の仕掛けがほどこされた、おなじみのすごろくだ。《がちょうのゲーム》は中世に遡る起源をもつ。この伝統的なコース設計やルールを土台に、観光旅行・レジャー・学習・道徳・広告・プロパガンダ・風刺といったテーマと融合させて、新しいゲームがいくつも生み出された。
新しいゲームに選ばれたテーマとは、すなわち19世紀ヨーロッパの世相を反映する流行や社会問題でもあった。著者は娯楽としてのゲームの楽しみとともに、どのようにゲームが世界を映し取ったのかも解き明かす。

著者が蒐集した一級のコレクションから89種のゲームを紹介。現存数の少ない希少なゲームも含まれており、他に類のない資料性も高い一冊。

目次

はじめに
Chapter 1 がちょうのゲーム
Chapter 2 ふくろうのゲームとギャンブルゲーム
Chapter 3 教育的ゲーム──楽しく学ぶ
Chapter 4 道徳と宗教──品行方正に!
Chapter 5 世界を旅する──どこへ行こうか
Chapter 6 戦闘・包囲戦・一騎討──想像力の対決
Chapter 7 スポーツとレジャー──楽しもう!
Chapter 8 風刺と抗議──ゲームで一刺し
Chapter 9 広告と宣伝──メッセージを加える
Chapter 10 米国へ渡ったボードゲーム──「新しさ」の追求

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チャッピー

36
1800年代初頭から約100年間にヨーロッパで普及していた紙に印刷されたボードゲームがカラーで見ることができる。『がちょうのゲーム』という単純なゲームから派生して時代を反映した様々なテーマを追加しながら発達していった様子が説明も丁寧でわかりやすい。なにより見てるだけでも楽しい。2021/04/05

宇宙猫

21
★★★ 「がちょうのゲーム」という、鵞鳥のマスに止まると同じ数だけ進めるゲームが原型のヨーロッパのすごろく。大判の本だけど、絵が小さくて見にくいのが残念。名所めぐりや偉人とか、江戸の双六と一緒だなと思うとおもしろい。2021/05/16

石油監査人

16
著者は、印刷されたボードゲームの文化史の研究家。この本では、1825年頃のオランダの「がちょうのゲーム」に始まり、1890年代の米国製ゲームまで、約90種類のアンティークボードゲームを紹介しています。いわゆる、西洋の双六なのですが、美術的価値の高そうな美しいボードゲームが多く、また、歴史的資料としての重みも感じます。例えば、「バンホーテンのゲーム」は商業広告の黎明期の貴重な資料ですし、「フランス革命のゲーム」や「オランダと東インドの戦争ゲーム」からは、当時の庶民が歴史的事件をどう捉えていたかが分かります。2021/07/25

ぷるっちょ

12
日本でも人気のあるドイツ製ボードゲーム。シミュレーション・ゲームとかRPGとかのエッセンスを抽出した面白いゲームが沢山ある。本書はそういうボードゲームの起源を解説した本だと思って購入したら、取り扱っているのはほぼ全て『すごろく』だったのでちょっとガッカリした。背景ボードの絵や駒が当時の世相を表していて、世の移り変わりを感じる事が出来るが、紹介されているゲームはやっぱり運頼みの『すごろく』なんだよね。 2021/08/15

skr-shower

2
西洋すごろく。紙製がほとんどであろうに良い保存状態。きっと発色もきれいだろうし、絵を見るだけでも楽しいと思う。知識を深めたり、勉強にもなって風俗も垣間見ることができる。浮世絵の謎かけカレンダーのように企画展があれば面白そう。しかし、ガチョウのゲームは難しいし、熱くなったら破産する人続出な感じ。2021/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17301119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。