舞台と客席の近接学 ライブを支配する距離の法則

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

舞台と客席の近接学 ライブを支配する距離の法則

  • 著者名:野村亮太【著】
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 株式会社dZERO(2021/02発売)
  • 春気分満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/18)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784907623395

ファイル: /

内容説明

ライブパフォーマンスは、距離の法則に支配されている。コロナ後の舞台芸術はどうなる?

著者は早稲田大学人間科学学術院にて、劇場認知科学ゼミを主宰している。本書が取り扱うのは劇場における「距離」の問題である。
2020年3月以降、新型コロナウィルス感染症の影響により、多くの劇場で公演の延期・中止を余儀なくされている。認知科学によって「舞台」と「客席」の意味を再定義し、「客の盛り上がり」と「距離」の関係を検証。オンライン配信も含めた次世代エンターテインメントの創出につなげる一考察。

【著者】
野村亮太
認知科学者、数理生物学者、早稲田大学人間科学学術院准教授。博士(心理学)、博士(工学)。1981年、鹿児島県に生まれる。2020年4月より早稲田大学人間科学学術院にて劇場認知科学ゼミを主宰。大学時代は落語研究会に所属し、研究者となってからは、認知科学の手法で落語を追究しつづけている。著書に『プログラミング思考のレッスン』(集英社新書)、『やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘』(dZERO)、共監訳に『ユーモア心理学ハンドブック』(ロッド・A・マーティン著、北大路書房)などがある。

目次

序 章:距離の法則による支配
第一章:舞台と客席との距離―境界はなぜ必要か
第二章:客と客との距離―伝播する集合的感情
第三章:劇場空間と感情同期―観客の盛り上がりは何で決まるか
終 章:新たな客席のあり方と劇場認知科学