わたしたちが沈黙させられるいくつかの問い

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

わたしたちが沈黙させられるいくつかの問い


ファイル: /

内容説明

ヴァージニア・ウルフについて講演をしたあとのこと。
ある男がこう言った。「ウルフは子どもを産むべきだったと思いますか?」

女性の社会進出が進み、ライフスタイルがどんなに多様化しても、
わたしたちは何度でも何度でも脱力するような問いにさらされて生きている。
さまざまなかたちの暴力を受け、沈黙することを強いられつづけている。

SNSでは声を封じるためのあらゆる嫌がらせと脅しがぶつけられ、
レイプを始めとする性暴力やドメスティック・バイオレンスは一向に減ることがない。
人魚姫は地上で暮らすかわりに声を奪われるお話しだし、
「STAR WARS」三部作でレイア姫以外の女性が話すシーンはわずか63秒間に過ぎず、
女性たちを固定観念に閉じ込める物語は、進化をめぐる科学にまで浸透している。
男と女をめぐるいびつな権力構造をあばき、
辛辣に、ときにユーモラスに、すべてのひとに力を与える傑作エッセイ。

目次

イントロダクション
マザー・オブ・オール・クエスチョンズ

1 沈黙は破られる
  沈黙に関する簡潔な記録
   I 群島を囲む海 II 男はみな孤島 男性の沈黙 III 沈黙と檻 IV 洪水に飲まれた都市
  反乱の年
  フェミニズム 男たちの到来
  七つの死の一年後
  レイプ・ジョークをめぐる短くも幸福な近況

2 ブレイキング・ザ・ストーリー
  五百万年来の郊外から逃れて
  鳩が飛び立ったあとの巣箱
  女が読むべきでない八十冊
  『ロリータ』について説教したがる男たち
  加害者が行方不明
  女巨人

謝辞と出典
訳者あとがき