LIMITLESS 超加速学習―人生を変える「学び方」の授業

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

LIMITLESS 超加速学習―人生を変える「学び方」の授業

  • ISBN:9784492800904

ファイル: /

内容説明

ノバク・ジョコビッチ、ウィル・スミス、サイモン・シネック他
第一人者達が絶賛!
Google、ナイキ、GE、スペースX、ハーバード大学他
トップ企業&大学が導入!

集中力が続く!
記憶力が高まる!
速読ができる!

能力と可能性を無限(リミットレス)に高める究極のメソッド

目次

はじめに
PART1 リミットレスへの冒険──あなたの才能の限界を解き放て
第1章 僕がリミットレスになるまでの物語
第2章 リミットレスに立ち塞がる現代版「悪の四騎士」
第3章 脳はアップグレードできる
第4章 本書から最大限のメリットを得る方法
PART2 リミットレス・マインドセット──あなたを縛る固定観念と嘘を打ち破る
第5章 「自分には限界がある」という思い込みを打ち破る
第6章 学習にまつわる迷信を吹き飛ばす
PART3 リミットレス・モチベーション──強力で持続する意欲やエネルギーを手に入れる
第7章 心に火をつける「目的」を見つける
第8章 脳の燃料補給とメンテナンスを行う10の方法
第9章 小さな習慣が人生を変える
第10章 「フロー」に入り極限のパフォーマンスを発揮する
PART4 リミットレス・メソッド──脳に最適な「学び方」を学ぶ
第11章 集中力を高める技法
第12章 学習効果を最大化する7つの習慣
第13章 短時間で大量にインプットして忘れない記憶の技法
第14章 誰でも読書スピードを速くできる速読の技法
第15章 指数関数的な進化をもたらす思考の技法
やってみよう! 超加速学習 10日間プラン
おわりに スーパーヒーローの帰還
推薦図書

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

38
「集中力が続く!」「記憶力が高まる!」「速読ができる!」学習方法が解説された一冊。これまでに出版された学習本の内容をまとめたような作品、マインドセット×モチベーション×メソッドを組み合わせて学習の効果を最大化する。約400ページのボリュームで(アクティブリコールや記憶の宮殿などの)多くの手法が詰め込まれている。個人的には記憶力増強の部分と脳に良い食べ物のところが面白かった。学習に関して網羅的に学びたい人にはオススメ。2021/09/09

bonbon99

21
勉強法・学習法のジャンル。著者は脳を傷つけてしまい、障害を負ったが、のちに努力して、勉強できるスーパーマンになり、その経験をコーチングしている。勉強法は単に優秀な人が書いている本を読むだけでは、誰もついていけない。1回挫折している著者ならではの、読むだけではなく、作業や行動して初めて手に入れることができることに主眼が置かれている。読了するのも多分10%以下だが、その内容を信じて、行動に移せる人は何人いるかわからない。習慣化し行動させる手順は素晴らしい。知識×行動=力というのが一番印象に残った。地道さです。2021/04/05

せっちゃんさん

19
「新しいコトを学ぶ」方法論。目新しさは無いけど上手くまとまってる。全体を3つの論点に分け①マインド②モチベーション③メソッド と、それぞれ解説。ついつい②③に傾聴しがちだけど、①も大事と気付かされる。個人的に、②が就活で使用した『絶対内定』を思い出す内容で初心に還れた。また”人間の脳は10%としか使われてない”は事実ではない!に唸ってしまった。説明が長いので、サラっと要点だけ読むと参考になる一冊。2021/10/30

Moca

19
次に行動を移すために、マインドセットという心構えすることが大事だと思った。 次は計画を立てて行動するために動機づけするのが、モチベーション。 勉強だと例えると、学習しているのにも関わらずに途中でモチベーションが切れ、何もかも終わらなくなってしまうので、事前に計画を立て、実行することが大事である。 その次はメゾッド。 「学習効果を最大化する7つの習慣」「誰でも読書スピードを速くできる速読の技法」などの方法を考えて、実行することである。2021/09/05

kubottar

19
マインドセット本。基本的なことが多い。2021/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17159959

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。