講談社文庫<br> おやつストーリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥705
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
おやつストーリー

  • ISBN:9784061858558

ファイル: /

内容説明

究極のスウィート・メモリー、美味しく懐かしいお菓子大コラム! きっとあなたも好きだった、嬉し懐かし美味しいお菓子。泉麻人が甘味に挑戦します! ――セブン‐イレブンやニコマート、あるいは町のお菓子やさんの戸を開けた瞬間、遠足の前の日みたく、胸がワクワクときめいてしまう。そんな気持ちを忘れないすべての人に捧げる、嬉し懐かし、とっても美味しいお菓子大コラム。ミルキー、つくんこ、おっとっと……etc.。いっぱい詰まった、究極のスウィート・メモリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

92
18歳年上の姉から半ば強奪した本(笑)サクマドロップス、不二家のミルキー、都こんぶなど、今も昔のままの姿で売られているものから、いつのまにか消えてしまったものまで、昭和のお菓子が満載のコラム集。個人的には、そのお菓子を食べる時に聴きたい曲が書かれていたのがお気に入り。おやじギャグっぽいベタな選曲もあるけれど、そのお菓子のイメージにぴったりだったりすると嬉しくなる。特に40代以上の人には懐かしさいっぱいだと思う。僕のような昭和ノスタルジー大好きな人にもオススメ。2013/10/12

tera。

23
『おやつ』と言いつつ「ふりかけ・江戸むらさき」なんかも掲載(笑) ラムネ大好きな自分にとってはカルミン・クッピーラムネ・森永ラムネは外せないし、遠足のお供は決まって都こんぶだった。懐かしいものや知らないもの、知っているけど食べた事ないものなど、盛り沢山のラインナップ。ミルキー缶は今もクリップ入れとして会社で共に働いている。巻末には索引もあるので、お目当てのおやつに迷う事なく辿り着けるのも嬉しい。2013/12/14

out_to

1
読みながら「なんか…古い…ような?」と思ったら、出版された日自体が凄く昔だった。(笑)「ソフトエクレア」がめちゃくちゃ懐かしかったです。大好きでした。2010/04/25

*素子*

1
THE昭和臭。まだ「コラボ」という単語がなかった時代のなつかしおやつてんこもりー。2009/05/13

トメ

0
今これを読んで、めっちゃ食べたいぃいいいいいい!って思うお菓子がチラホラしてるけど、もうすでに発売されてないものもあって…。ぐぬぬ。当然今もあるお菓子も載ってます。これを読んだら、小学生の遠足の時に小銭を握りしめて近所のスーパーにお菓子選びに行っていたのを思い出しました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23936

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。