光文社文庫<br> にらみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫
にらみ

  • 著者名:長岡弘樹
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 光文社(2021/01発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334791377

ファイル: /

内容説明

窃盗の常習犯・保原尚道が仮釈放中に保護司を殺害しようとして逮捕された。取り調べる片平成之は、以前、裁判で保原が供述を翻したりしないよう圧力をかけるべく“にらみ”をしていた。保原は自首しているのだが、片平は納得していない。保原は人を殺めようとするほどの悪人なのか――(表題作)。多様なサプライズが楽しめる、名手によるミステリー傑作集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shoji

48
『教場』がブレイクしている長岡弘樹さんですが、私は『傍聞き』を読んですっかりファンになりました。『にらみ』には七編の短編が収録されています。少々、強引なプロットもありましたが、楽しく読ませて頂きました。一篇一篇も程よい長さで、ちょうどいい感じでした。2021/02/03

坂城 弥生

44
表題作は、真相がわかったときゾッとした。ああ、見てたのか、と。2021/01/25

Carlos

34
さらっと読める安定の長岡短篇集。2021/03/04

left7

22
長岡さん得意の短編集で楽しみによみましたが、期待通りの作品でした。最初の短編は長岡さんらしくないものでしたが、他は長岡さんらしさが存分に出ていて読み進めていくにつれて、加速度的に読書スピードが上がっていきました。やっぱり長岡さんは希に見る短編の名手だと再認識しました。長岡さんの作品はこれからも読み続けたいと思います。マイベストは「白秋の道標」です。2022/01/04

ちょん

21
読みやすい短編集。読みやすかった分、あんまり印象に残らなかったかも。遺品整理の仕事はもともと興味があったのでそれだけとても頭に残ってます。2021/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17324801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。