釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝

  • 著者名:藤澤志穂子
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 世界文化社(2020/12発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784418195015

ファイル: /

内容説明

2020年11月20日、急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄氏。
今回、元新聞記者の藤澤志穂子さんが、5年に渡る矢口氏ご本人と関係者への多くのインタビューを通じて見えてきた、マンガ家人生から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来を一冊にまとめました。
矢口氏は筆を折り、病を得ながらも、故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、81歳で亡くなるまで、マンガと故郷に対して深い愛情を注ぎました。
本書では少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作「マタギ」の約40年ぶりの再評価……など矢口氏の人生を振り返ります。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

21
『釣りキチ三平』で青少年の釣りブームを巻き起こし、日本の自然の素晴らしさを描き続けた漫画家・矢口高雄の歩んだ道のりやその功績を、様々な関係者の証言を集めて肉付けし、十二分に伝えているとは思うが、それが心に響かないのは、スポーツ選手を追いかけるノンフィクションのような書き方をしているからではないか?〇〇に感激した、〇〇を嫌っていた、〇〇を見返した、というような直接的な表現が多く、記事を読んでいるようで、作風から連想される懐かしさに十分浸れなかった。▼冒頭、マンガの原画保存に奔走され、自作のみならず多くの⇒2021/02/04

CTC

9
世界文化社刊、一気読み。矢口高雄さんが亡くなったのは先月の20日、81歳…。それに合わせて安易につくった本かと思えばさにあらず。著者は産経の元秋田支局長。16年に同職として赴任して以後取材に足掛け5年、「最終校正が大詰め」の頃、矢口さんの訃報に接したそうだ。体調不良は判っていて「出版を誰よりも楽しみにしていた矢口氏がお元気なうちに」と急いでいた矢先に…著者の無念も伝わってくる矢口高雄さんの評伝。いやぁ矢口さん、既に断筆していたそうだが…改めて喪失感がある。ご冥福を祈りつつ…いい本でお別れできたかな。2020/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17112505

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。