企業不正の調査報告書を読む ESGの時代に生き残るガバナンスとリスクマネジメント

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

企業不正の調査報告書を読む ESGの時代に生き残るガバナンスとリスクマネジメント

  • 著者名:安岡孝司【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 日経BP(2020/12発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 750pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822289096

ファイル: /

内容説明

日産、JDI、日本郵政、関西電力、レオパレス、ネットワンなど最新29事件から、
経営陣、管理職、弁護士、会計士の「盲点」を解明。
誰が、何を、どうやって、チェックすれば、不正は防止できるのか?

本書は企業不正の防止に取り組む人向けに、
ガバナンスとリスクマネジメントのチェックポイントを整理したものです。
第1部では企業不正の事例を分析し、不正防止のチェックポイントをまとめています。
不祥事の調査報告書を読み解き、問題の真因を探りました。
第2部では、事例ごとのチェックポイントを体系的に整理しています。
すべてのチェックポイントは最近の事例に紐づいたものなので、
実感を伴って自社をチェックできると思います。

目次

第1部 企業不正の事例分析
第1章 日産自動車 役員の不正報酬
第2章 経営主導の不正会計
第3章 子会社での経営不正
第4章 マネージャークラスの不正会計
第5章 生産部署での不正会計
第6章 品質不正
第7章 その他の不正事件

第2部 不正防止のチェックポイント
第8章 不正防止の考え方
第9章 ガバナンスのチェックポイント
第10章 リスクマネジメントのチェックポイント
第11章 調査報告のチェックポイント
第12章 調査報告書への監視と盲点
第13章 不正防止力を高める社会の仕組み

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

くらーく

2
どのような人が本書を読むのだろうなあ。まあ、自分は関連する企業の不祥事の事を知りたくて読んだのだけど。 不正する人が悪いのは当然なのだけど、人間には欲があり、倫理観で本能・欲求を抑えられない事もあるだろうからねえ。だからこそ、不正をさせない、すぐに発覚する仕組みが必要なのだろうけど。デジタル化すれば、大方の不正は防げると思うけどねえ。少なくともここ30年程はそれを感じているけど。全ての財務会計処理をデジタル化し、リアルタイムで数値を見られるようにすれば良いのにね。入力も人力ではなくして。まあ、無理だわな。2021/02/27

Go Extreme

1
不正構造仮説 ガバナンスとリスクマネジメント 3層ディフェンスラインモデル 経済公害の悪循環 調査発注者面積の法則 企業不正の事例分析:日産自動車 経営者主導の不正会計 子会社での経営不正 マナージャークラスの不正会計 生産部署での不正会計 品質不正 不正防止のチェックポイント:不正防止の考え方 ガバナンスのチェックポイント リスクマネジメントのチェックポイント 調査報告のチェックポイント 調査報告書の監視と盲点 不正防止力を高める社会の仕組み2021/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17177452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。