講談社文庫<br> 本性

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
本性

  • 著者名:黒木渚【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2020/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065201671

ファイル: /

内容説明

「あなた、一年後に死ぬわよ」と告げられるも生き続けているサイコ。地蔵と「結婚」しているエリ。
二人が奇妙な生活の末に辿り着いた先にあるものとは?(超不自然主義)

アーティストとしても活躍する黒木渚の、人間の“本性”を炙り出した衝撃の短編集。

目次

超不自然主義
ぱんぱかぱーんとぴーひゃらら
東京回遊

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みらこー

14
アーティストとして元々好きな黒木渚の小説。大学は私の後輩。エッヘン。人間の本能を語る奇抜な歌詞と同様に小説もグイグイ迫る私の一押しさん。装丁の女性は別人よ。ジャンルで言うと芥川賞系の世界観か。一見普通そうやけどどこかズレてる、結構アングラ層の人の生活にも興味深いようだ。不清潔な描写がリアル。社会からはじかれても一生懸命明日を生きる人たちを描く。タクシーに乗った女の結婚生活、モラハラ夫に対して寂しい妻の思いが何故かグサグサ刺さる。あとがきは3編目から話が繋がっていて、そのまま黒木渚の自己紹介=これが本性か。2022/01/15

まひと

12
ミュージシャンにして小説家、黒木渚さんの作品。3編ともちょっとまともじゃない話だった。『超不自然主義』が印象深く面白かった。地蔵と結婚…結婚?地蔵が浮気…浮気?地蔵と離婚…離婚?あまりにも不思議な感覚でちょっと笑ってしまった(笑)でもまぁ、人以外に恋愛感情を抱く人は居るのだろうし、何を普通とするかは人それぞれ違うのかな、と。まさに人間の『本性』そのものを垣間見た気がして少し気分が悪い。黒木さんの楽曲も聴いてみようと思う。2021/02/14

のじ

3
1話目のよくわかんない感じが一番良かったかな。ぜんぜん占い当たりそうにないし1年後に死にそうにないし。2話目は家出してきた女性とタクシー運転手、かみ合っているようでかみ合っていない感じがきもちわるい。DV野郎の出てくる3話目は、なんとなく煮え切らない。どっかに振り切ってほしいもやもや感。題名に期待したけどなあ。2021/09/01

しゅがー

0
たまにこういう感覚の違う本を読むのはいい刺激になると思う 多分、まともかまともじゃないかは個人の自由2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16947790

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。