文春文庫<br> マスク スペイン風邪をめぐる小説集

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
マスク スペイン風邪をめぐる小説集

  • 著者名:菊池寛【著】
  • 価格 ¥680(本体¥619)
  • 文藝春秋(2020/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167916138

ファイル: /

内容説明

100年前の日本人は、疫病とどう戦ったのか? 文庫オリジナル!
マスクをし、うがいをし、できるだけ外出をしない……あの文豪だって感染対策をしていた。

スペイン風邪が猛威をふるった100年前。作家の菊池寛は恰幅が良くて丈夫に見えるが、実は人一倍体が弱かった。
そこでうがいやマスクで感染予防を徹底。その様子はコロナ禍の現在となんら変わらない。スペイン風邪流行下の実体験をもとに描かれた短編「マスク」ほか8篇、心のひだを丹念に描き出す傑作小説集。

【収録作品「マスク」あらすじ】
見かけは頑健に思われているが、実は心臓も肺も、胃腸も弱い。そんな自分に医者は「流行性感冒にかかったら、助かりっこありません」と言う。だから、徹底的に感染予防に努めた。でも暖かくなったある晴れた日に、黒いマスクの男を見かけて――。

※この電子版には辻仁成氏の解説は収録していません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

83
「スペイン風邪をめぐる小説集」とあるが、スペイン風邪を描いた小説は少しだけ。人の生死を描いた短編集というところか。表題作の「マスク」は、今の時代の小説といっていいくらい。100年たっても予防は同じなんですね。「病気を怖れて伝染の危険を絶対に避けると云う方が、文明人としての勇気だよ。」きちんと対策していない方々にも伝えたい。それ以外の作品では、自死を取り上げた作品が印象的だった。現在のコロナの片側では、自死も確実に増えているという悲しさ。2021/01/13

seacalf

70
ご時世に合わせてユニークな編み方をした短編集。100年前のスペイン風邪の猛威に怯える作家先生のお話から、幾つか流行り病に関わる短編が続いたかと思えば、全然関係ない時代小説な短編も収録。でも、どれもこれも面白いものだから、あれよあれよと読んでしまう。頁数は少ないながら、菊池寛の良いとこ取りが出来てお得な気分。表題作の『マスク』はもちろん興味深くて面白いが、意外なストーリーの『身投げ救助業』が個人的に良かった。こうして読みやすい形で菊池寛の作品を手元に届けてくれるのは、ありがたいこと。お見事ね、文藝春秋さん。2021/06/10

ponpon

68
1918年から20年、第一次世界大戦下の世界でパンデミックを引き起こしたインフルエンザ、所謂・スペイン風邪。日本でも人口の1%弱が死亡するという甚大な影響があった。その時期に書かれたのが表題作。世間体を気にしつつも健康優先と揺れる著者の思考が面白いし、現代とあまり変わらない世相も興味深い一冊。吉田松陰がペリー艦隊で密航を企てた際の「船医の立場」も興味深い作品。日本との交渉への悪影響を懸念し追い返したというのが通説だが、こんなことも要因にあったのかな?菊池寛は通俗小説が有名だが短編も面白いと思う。2021/07/03

kei302

55
半額セール。インパクトのある表紙。帯を外すと、マスクも外れる仕掛け。解説は仏でロックダウン経験者の辻仁成氏。 曰く:「ペスト」との比較は難しいけれど、むしろ日本人には「ペスト」以上に思い当たることが満載 だそうで、期待が高まるのですが、「マスク」は掌編。でも、病気小説が続きます。時代小説がおもしろかった。さすが菊池先生です。心の機微の描き方が細やかで巧いなぁ。2021/05/19

Shoji

42
約百年ほど前のお話です。全世界で猛威を振るうスペイン風邪に右往左往する様子が描かれています。百年経過した今、コロナに現代人が右往左往している様子とまるで同じです。楽しく読むことが出来ました。2020/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16897018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。