山と溪谷社<br> コロナ禍の9割は情報災害 withコロナを生き抜く36の知恵

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
コロナ禍の9割は情報災害 withコロナを生き抜く36の知恵

  • 著者名:長尾和宏
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,080)
  • 山と溪谷社(2020/12発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635490535

ファイル: /

内容説明

累計17万部 長尾和宏氏のシリーズ第6弾。
コロナの最新情報を伝え、歩行によって、ウイルス感染症を予防、克服する方法を解説します。

「自然免疫は歩行で向上する。」「コロナうつで自殺が急増している。」
「コロナよりコロナ関連病が100倍心配。」「早くコロナ慣れすることが健康に生きるコツ。」
「テレビのインフォでミックが国民を殺す。」「新型コロナの98%は自然免疫で処理される。」

【本書の内容】
はじめに
WBMこそ、今必要な健康法! コロナより、コロナ関連病が100倍心配

1章「ステイホームで浮き彫りになった、歩かない弊害」
ステイホーム症候群とシャムズだらけ テレビが「インフォデミック」で国民を殺す 緊急事態宣言は成功したのか?

2章「なんたって、自然免疫」
自然免疫こそが免疫力の基本 新型コロナの98%は自然免疫で処理される 高橋教授の「7段階モデル」を知ろう 風邪と似ているけれど、風邪とちょっと違うのは 肥満とコロナの深い関係 国はデータを解析して公表を!

3章「自然免疫を上げるには」
自然免疫力を保つには 日々のウォーキングが必須 睡眠薬よ、さようなら 歩行で不眠は改善する 免疫力を上げる食事のコツは 食物繊維と味噌汁 減量は緩やかな炭水化物制限食で 適度なストレスは難しい 自分の免疫力を知る がん派か、アレルギー派か

4章「国の免疫力を上げるには」
「三密」は日本の大発見 ワクチンや薬よりも自然免疫! 災い転じて福となる!? BCGは自然免疫を鍛える 「2類→5類」で死者を減らせる

5章「歩行で20年先が予想できる」
歩行で病気の予想ができる 「病気の9割は歩くだけで治る」は冗談ではなく、本当 骨粗しょう症、逆流性食道炎、認知症の三大ビジネスに巻き込まれるな パニック・レビー・パーキンソンというレールから降りるには 歩きすぎはがんに、歩かない人は認知症に

6章「歩行は貯金できない、こまめに歩こう」
筋肉貯金はできても免疫貯金はできない インターバル早歩のススメ 歩かない人への処方せん 習慣化する方法

おわりに
感染症は繰り返される ゼロリスクを求めても仕方がない 早くコロナ慣れして、歩こう!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レモン

6
とにかく自然免疫を高めるために歩くことを、コロナ流行前から一貫して言い続けておられるらしい著者。コロナ関連の本はこれしか読んでいないので何とも言えないが、やっぱり自然免疫が大事とのこと。昨年の12月に発売されたため、デルタ株については当てはまらないこともあるかもしれないが、論理的でわかりやすい文章は信頼できる。味噌汁パワーは私も実感している。心配性の人の可哀想になるほどの怯えぶりや、毎日ニュースが感染者数を発表し続けているのも辟易しているので、二類から五類へは賛成。2021/08/31

おっぽう

3
マスコミの煽りに踊らされても何にも得るものは無く、気持ちが憂鬱になるだけ。 前線でコロナ治療にあたられている先生の言葉は重い。2021/09/20

teru

2
コロナに立ち向かうには自己免疫力を高めることの重要性がよくわかった。中でも歩く事の重要性をこの書籍では訴えている。10,000歩よりも8000歩でも良いと言うところが良い。2021/06/26

DK

2
①死因 がん37万人、心臓20万人超え、脳血管疾患10万人超え コロナは・・・? ②WBM(walking based medicine)1日8000歩 ③人間の細胞は60兆個、細菌はその10倍、ウイルスはさらに数十倍。→アルコール消毒はこっけいだ→確かに2021/01/15

ganesh(ガネーシャ )

1
図書館2021/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17064026

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。