2021コロナ危機にチャンスをつかむ日本株

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

2021コロナ危機にチャンスをつかむ日本株

  • 著者名:今井澂
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • フォレスト出版(2020/12発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866801094

ファイル: /

内容説明

■バイデン新大統領による米国・日本の経済の行方をいち早く解説

2020年のアメリカ大統領選は、
郵便投票の開票など、さまざまな疑惑を抱えながらも
バイデン氏が当選しました。
氏の掲げる増税案に、アメリカのリセッションが始まると言われていますが、
日本の株価にどのような影響を与えるのでしょうか?
本書では、世界経済、日本経済の行方をいち早く解説しています。

・米中のIT覇権争いで、GAFAはどうなっていくのか?
・米国バイデンの対中国戦略は?
・バークシャー・ハサウェイは、なぜ日本の商社株を買っているのか?
・ジョージ・ソロスが永久債発行を提言した理由は?
・アメリカが経済を底上げするための喫緊の課題とは?
・バイデノミクスでトランプ支持層はどうなるのか?

■いっぽう、米国に先行して新たな舵取りを始めた菅政権。
日本経済の行方をうらなう政治の推進力はどうなのでしょうか。
1年以上前から、「ポスト安倍は菅義偉氏」と予測していた著者が、
これからの日本の課題とともに詳述していきます。

・菅総理の政治力に日本は期待していいのか?
・新設したデジタル庁の重要な意味とは?
・菅政権は地銀の再編、中小企業の再編を目指すのか?
・新紙幣発行による真の目論見とは?
・懸念される菅外交の切り札とは?

■バイデンと菅の新勢力による日米関係はどうなっていくのでしょうか。
そして2021年、日本経済はランディングできるのでしょうか。
本書では、さまざまな視点から投資に役立つシナリオを開陳していきます。

2021年、コロナに代わる新たなる危機とは?
ワクチン開発でコロナ終焉を迎える歓迎ムードで、
日本の株式市場も賑わいを見せています。
しかし、新たなる危機の火種は世界中に存在しています。

その最たる出来事が現在、中国に発生しているバッタ被害です。
中国は世界各国からの食糧輸入に動いていますが、
2021年は、この食糧危機が勃発する可能性が出現しています。

もし、世界で食糧危機が発生すれば、
コロナで日本のスーパーから小麦が消えたように、
再び同じ事態が発生するかもしれません。

■また、すでに決定しているドイツのメルケル首相の退陣による
EU諸国の行方や、石油価格下落によるサウジアラビアの政争、
韓国などアジア諸国における経済危機によるアジア通貨危機の再燃など、
いつどこでブラックスワンが起きかねない状況が続きます。

では、日本はどうなるのか。
新たなる風を吹かせることができるのか。
本書のタイトルのように、日本株はチャンスをつかむことができるのか。

ガラガラポンでまったく変わってしまった2020年。
今後の日本経済、株式市場の変化をとらえるための必見の1冊です。

■目次
第1章 2021年、コロナに続く新たなシナリオ
第2章 コロナショックを乗り越える日本経済
第3章 バイデン大統領とアメリカの舵取り
第4章 菅新政権誕生で新たな風が吹く日本
第5章 世界秩序の激変が起こりかねない要因
第6章 ポスト・コロナ時代の相場のウラ読み
第7章 コロナ後の投資テクニック&2021年の注目銘柄

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Cozy

2
いつもながら広い視野・高い視座から未来の株価の動向を確度高く読み切る眼力が本当に素晴らしいと思います。2021年におさえておきたいポイントを自分なりに1枚のシートにまとめることができました。今後情報を読むときの質に大きく貢献しそうです。2020/12/12

Cozy

1
日米新大統領の政策とアフターコロナの世界経済の視点から今後のチャンスとリスクを提言。国際エコノミストとして活躍を続けている著者ならではの視点がいつもながらにとても参考になりました。世界経済の大きな流れをつかんでおくことで株式投資でのぶれない軸につなげていきたい。2021/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16944851
  • ご注意事項