もっとラクに! もっと速く! Excel×Python データ処理自由自在

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,310
  • Kinoppy
  • Reader

もっとラクに! もっと速く! Excel×Python データ処理自由自在

  • 著者名:金宏和實【著】
  • 価格 ¥2,310(本体¥2,100)
  • 日経BP(2020/11発売)
  • ポイント 21pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822295981

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

■ 大量のExcelデータ処理が一瞬で片付く!
□ テレワークにぴったりの時短ワザをPythonで
仕事をする場所がオフィスなのか自宅なのかにかかわらず、やっぱりExcelを使った仕事は相変わらず山積みです。いろいろ工夫してもExcelの作業はどうしても時間がかかります。
なぜなのか。
確かにExcelは便利です。たくさんの計算をして、表をきれいにまとめ、グラフを作り、さまざまな分析をする。これを手作業でやることを考えれば、Excelは手放せません。
でも一方で、何をやるにもマウスでカチカチ、キーボードをポチポチ。そんな手作業が積み重なった作業時間は膨大。終わってみれば「こんな時間?」になっていることもしばしばです。それだけでなく、大量のデータが入力されているブックの場合、作業のためにファイルを開くだけでえんえんと待たされるなんてことも、Excelあるあるですよね……。
そんな、Excelの煩わしさを抜本的に解消し、究極の時短を実現してくれるのがPython(パイソン)です。前作『Excel×Python最速仕事術』以降、ExcelとPythonで仕事を効率化することにはすっかり注目を集めています。これを機会に、Pythonを使ってみてはどうでしょう。
【大量のデータ】を対象に、【手数のかかる処理】を定型業務として【頻繁に繰り返す】必要がある。一つでも当てはまるなら、Pythonでの自動化は必ず効果があります。時間のかかる業務を自動化すれば、出勤時はもちろん、テレワーク環境での自宅作業にも効果あり。定時で仕事を終えられるのはもちろん、もしかしたら定時前に全部片付けてしまえるかも。

目次

■主な内容
はじめに なぜVBAではないのか
第1章   Pythonを使うメリット
第2章   Pythonプログラミングの基礎
      (差し込み印刷プログラム徹底解説)
第3章   データを抽出する処理を作る
第4章   データを並べ替える処理を作る
第5章   データを集計する処理を作る
第6章   【実習】QRコードを作るプログラム

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

azu3

0
今の私には高度すぎてついていけない。でも、エクセルと組み合わせてできることを具体的に解説してあり、いずれまた戻ってきたい。本書冒頭の導入はわかりやすく、著者の丁寧さが伝わってくる。2021/05/30

tty2

0
Excelを使った処理ができるようになる。 サンプルコードも有りで分かりやすかった。また読んで復習したい。2021/04/03

高嶋 真也

0
Pythonを使ってExcelのデータを処理するための本。姉妹編の仕事術よりもデータ処理の内容を深掘り。2021/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17073273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。