Jurist DIGITAL BOOK<br> 知的財産法とビジネスの種〔第3期〕[連載誌面合本版]

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

Jurist DIGITAL BOOK
知的財産法とビジネスの種〔第3期〕[連載誌面合本版]

  • 著者名:有斐閣【編集】
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • 有斐閣(2020/11発売)
  • 春気分満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/18)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ビジネストレンドの重点がハードからソフトへと移行するに伴い,重要性を増す知的財産。この連載では,ビジネスと関わりの深い最新の知財法分野のトピックを,見開き2頁というコンパクトかつ読みやすい形で提供する。第3期では動きの激しい海外の状況を取り上げる。
■目次
ジュリスト連載「知的財産法とビジネスの種〔第3期〕」の趣旨 小泉直樹
EU新著作権指令の概要 井奈波朋子
リンク張りに関するEU司法裁判所(CJEU)の2つの判決 吉田和彦
欧州連合一般裁判所の商標関係判例――アディダス判決 佐藤俊司
意匠の技術的機能性に関するEU司法裁判所(CJEU)の判決 青木博通
欧州単一特許・欧州統一特許裁判所の現在 松本慶
標準必須特許 竹中俊子
標準必須特許とEU競争法 杉本武重
追及権―― to be or not to be, that is the question. 小川明子
フランスにおけるクラウド・サービスと私的複製補償金制度 駒田泰土
ドイツのサンプリング問題と自由使用の行方 本山雅弘
米国著作権法512条(セーフハーバー条項)に関する著作権局報告書 金子敏哉
英国のEU離脱と著作権法への影響 今村哲也
■連載期間
2019年11月号~2020年10月号(全12回)