免疫力が10割 - 腸内環境と自律神経を整えれば病気知らず

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

免疫力が10割 - 腸内環境と自律神経を整えれば病気知らず

  • 著者名:小林弘幸/玉谷卓也
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • プレジデント社(2020/11発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784833440295

ファイル: /

内容説明

【内容紹介】
新型コロナウイルスへの対処法は、一生ものの健康法だった!
「自分」と「家族」を守るために知っておきたい、今日からできる免疫力アップのメソッドが満載!
新型コロナウイルスの再びのパンデミックが予想される冬を目前に、研究者たちによって多くの真実が明らかになっています。最大のポイントは、免疫力を高めることが一番の対処法であり、そのためには「腸内環境」と「自律神経」を整える必要があ
ること、そしてそれは一生ものの健康につながるということです。あなたと家族の心身を守るための正しい情報、そして今日からできる免疫力アップのメソッドをお伝えします。
【著者紹介】
[著]小林 弘幸(こばやし・ひろゆき)
順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。
1960年、埼玉県に生まれる。順天堂大学医学部卒業後、1992年に同大学大学院医学研究科修了。
ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。
国内における自律神経研究の第一人者として、アーティスト、プロスポーツ選手、文化人へのコンディショニングやパフォーマンス向上指導を行う。
著書には、『最先端医療の人生を変える7つの健康法』(ポプラ社)、『小林弘幸の自律神経を整える絶景まちがいさがし 免疫力アップ版』(宝島社)、齋藤孝氏との共著『心穏やかに。 人生100年時代を歩む知恵』(プレジデント社)などがある。

[監修]玉谷 卓也(たまたに・たくや)
薬学博士。日本免疫学会評議員、順天堂大学非常勤講師、エムスリー株式会社アドバイザー。
1963年、東京都に生まれる。1988年、筑波大学医科学修士課程修了後、東京都臨床医学総合研究所、JT医薬基礎研究所、米国CORIXA社、東京大学先端科学技術研究センターなどを経て、2008年に順天堂大学医学部客員教授に就任。2020年、任期満了に伴い現職。
この間、武田薬品工業、ソニーにも兼務し、2019年よりエムスリー株式会社のアドバイザーを務める。主な専門領域は、免疫学、炎症学、腫瘍学、臨床遺伝学。20年以上、免疫、がん、線維症、アレルギー、動脈硬化などの研究に従事。

目次

【目次抜粋】
プロローグ
はじめに
第1章 わたしたちの「免疫システム」と新型コロナウイルスの真実
病気になる前に知っておきたい免疫システムの基礎知識ほか
第2章 「腸内環境」と「自律神経」から免疫力を高める
免疫力向上の基礎は腸内環境の改善にあり!ほか
第3章 免疫力を強化する生活習慣メソッド
免疫力を高める朝・昼・夜・食事の習慣
おわりに

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アクビちゃん

51
2020年11月に発刊だけれど、一章の「わたしたちの免疫システムと新型コロナウイルスの真実」の内容には共感できる。本文の〜最強の対策は消毒でもワクチンでもありません。ただ「健康であること」です。〜 確かに、ワクチンでのコロナの感染拡大は解決していないませんよね。そして、感染し回復しされた方の体内から抗体が消えているとは驚きます。小林先生の薬の考え方「むやみに薬に頼らない」賛同です! 最近、見直されている腸内環境と自律神経。小林先生の本、後 何冊か読んでみよう〜2022/01/22

ミライ

39
「医者が考案した長生きみそ汁」の小林弘幸さんによる新刊。前半で(最新の研究データを交えて)新型コロナウィルスが引き起こす症状とその対策(免疫をつけること)について、後半で腸内環境と自律神経を整えることで免疫を強化するために、朝・昼・夜に行いたいメソッドが解説される。どれもコンパクトにわかりやすく図解を交えて解説されていて、とても分かりやすかった。2020/12/17

晴久

10
まだワクチンが完成していなかった時期の本。コロナ禍でスピード感を持って本を出版したのがすごいと思う。とにかく、免疫力を高めてコロナ禍を乗り越えたい。コロナについての説明も分かりやすくて、良書だと思うし、続編希望。判明した事実がいろいろあるはずだからまた同様の本を書いて欲しい。巻末の参考文献の量が信頼の証。2021/09/01

myaon

10
新型コロナウイルスのメディアでの情報は、致死率3%のほうに着目したものが多いので、助かった97%のほうの情報は目新しかった。ワクチンや緊急事態宣言も効果はあるのだろうが、そもそもの根本原因にアプローチしているところは好感が持てた。コロナの流行は、不健康な人が多いということに警鐘を鳴らしていたのかもしれない。私の場合、そんなに重症ではないけれど花粉症を克服したいので、腸内環境の改善に努めたい。ヨーグルト+アマニ油を習慣にし始めたところなので、経過観察中です。コロナが不安で仕方ない人は、一読の価値ありです。2021/03/10

イコ

7
新型コロナウィルスについて取り扱っており、論文等で発表された事をまとめてもいるので今まで分かってる事を整理できる。ウィルスの特性からワクチンだけではなく自身の免疫力を高める事が肝要であることが示唆されている。サイトカインストーム恐るべし。2020/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16958861

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。