よくわかる過渡現象

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,860
  • Kinoppy

よくわかる過渡現象

  • 著者名:奥平鎭正【著】
  • 価格 ¥2,860(本体¥2,600)
  • 森北出版(2020/10発売)
  • ポイント 26pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784627744110

ファイル: /

内容説明

ただ解を求める方法を学ぶだけではなく,物理的内容の理解に重点を置いたテキスト.

基礎となる回路素子のはたらきから始めて,代表的な電気回路の過渡現象がどのように数式として表現され,また物理的にどのような意味をもつかを解説していく.

電気系と機械系の類似性など,実用面で有用となる考え方も盛り込まれている.

目次

1章 過渡現象とは
2章 直流電源を印加した場合の過渡現象
3章 正弦波交流電圧を印加した場合の過渡現象
4章 方形波電圧(非正弦波交流電圧)を印加した場合の過渡現象
5章 ラプラス変換を用いた電気回路の過渡現象解析
6章 機械系と電気系のアナロジーと等価電気回路による過渡現象解析

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YUJIRO

2
電子回路の過渡現象を古典的に微分方程式を立てて、解くことで物理的なイメージをつかみ、そののち、ラプラス変換を用いた微分方程式の解法、ラプラス変換を回路そのものに適用する手法を紹介。初期条件を含めた回路のラプラス変換は参考になった。また、最後に力学系と電子回路のアナロジーを紹介。対象の系の見た目で直列と並列が混乱するので、一度微分方程式に落としてアナロジカルに考えた方が無難か。2021/01/29

YUJIRO

1
電気回路の過渡現象の参考書。フェーザー法の説明から、重ね合わせの原理により過渡解、定常解の和から微分方程式を解く方法、ラプラス変換を用いて、s領域での等価回路に変換し、機械的に解く方法を紹介。また、力学とのアナロジーも簡単に紹介している。例題も多く、解説も丁寧なため、とても良い参考書だと思う。2020/11/27

YUJIRO

0
復習。物理的なイメージをつかむには、微分方程式を立てて、重ね合わせの理で過渡解と定常解の和を考えるのがよい。機械的に解くならs領域での等価回路。2020/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16659106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。