幻冬舎単行本<br> 身捨つるほどの祖国はありや 日本と企業

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
身捨つるほどの祖国はありや 日本と企業

  • 著者名:牛島信【著】
  • 価格 ¥1,782(本体¥1,620)
  • 幻冬舎(2020/11発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

コロナの到来、安倍政権の終焉で日本人に突きつけられた課題とはーー。国内のみならず、世界をまたにかける国際企業法務弁護士が綴る日本の企業と、日本国の行く末。
コロナの到来、安倍政権の終焉により、日本はいま、新たな時代の幕開けを迎えている。不況が予測される世の中で、ますます企業の在り方が問われていく。不正行為をなくし、いかにして事業を継続していくかという側面からますますコーポレートガバナンスは必要とされるだろう。企業の在り方、日本人としての振る舞い、歳をとることで経た「生きる」意味、今後の世界を生き抜くために必要なこと。政治、経済、法の視点から、日本、そして世界を読み解くエッセイ集。