カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader

カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く

  • ISBN:9784065216903

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

地球科学の第一人者である平朝彦先生と海洋研究開発機構がタッグを組み、これまでの知見や資料を網羅した「地球科学」の決定版!

地球とはどんな惑星なのか! 地球誕生から大陸の形成、プレートテクトニクスから日本列島の誕生。
陸上から深海底までを、現地でのフィールドワークによる貴重な写真・動画とともに、「地質・地形・地層」から、その成り立ちを徹底解説していく。

ハワイ・マウナケア火山の現地調査ではドローンを使った空撮による詳細な解説。四国・四万十帯での地層解説とその成り立ちについて、さらに海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する「しんかい6500」や地球深部探査船「ちきゅう」などを用いた深海底調査による、東日本大震災発生後での震源での海底の様子を捉えた映像までを紹介し、地球と日本を読み解いていく。

また、掲載されいる写真や図版には「QRコード」が付されおり、それをスマートフォンなどで読み込むことによって、その写真や項目に関連した調査映像、現地での解説や実験など、収録動画200本以上、総時間約8時間半におよぶ貴重な映像を見ることができる。

また、本書は二部から構成されており。
前半部はフルカラーにより構成され、写真や図版を掲載し、ビジュアル的に構成・解説されている。
後半部は、前半部に記載された専門用語を取り上げながら、ていねいに解説しいていく「用語解説」となっている。また「用語解説」はそこだけを独立させて取り外すことができ、前半部の図版や解説の中で、さらに知りたい専門用語を同時に確認しながら、読み進めることができる。

構想15年。平朝彦先生と海洋研究開発機構(JAMSTEC)が総力を結集した、誰も作ることのできなかった地球科学のバイブル。

目次

<カラー図解>
1章 地球を眺める―海洋底と大陸の大地形
2章 海底の世界
3章 地層のでき方
4章 火山の驚異
5章 プレートの沈み込みと付加体の形成
6章 地質学的に見た東北地方太平洋沖地震・津波
7章 地球史と日本列島の誕生
8章 海洋・地球を調べる
別冊 用語解説

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおた

15
コケを好きになると生えている岩によって種類が変わる。すると岩のことも知りたくなり、地層へと興味が移っていく。本書は地質の決定版で、全然入門じゃないw それでも本書を理解できるようになることが一つのゴールになる。巻末の用語解説は必須で、なんならこちらから読んだっていい。カラー写真に加え動画など盛りだくさんの内容。中でも四万十帯をはじめとした日本の地質や火山の調査内容のみならず、どうやって調査しているかまで解説されている。SNSで地震デマに惑わされる前に本書を一読して研究者の努力を思い知ろう。2021/06/26

tban

2
興奮する地球科学 地球科学は壮大すぎてCGとかを使われても イマイチな感じがしていましたが、これだけ 丁寧なグラフィックと動画を見せられると 素直に興奮できます。大変な労作だと思いますが 意外と手ごろな価格。人にプレゼントしたくなる素敵な1冊です。 2020/11/25

竜玄葉潤

1
良い意味で総花的。残念なのが「地球」なのに海外事例が少ないかな。あと高い!カラーだから手元に置きたいけど、図書館本で我慢。2021/05/23

ナンスー

1
???2021/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16874753

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。