ハヤカワ文庫JA<br> 万博聖戦

個数:1
紙書籍版価格
¥1,254
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫JA
万博聖戦

  • 著者名:牧野修【著】
  • 価格 ¥1,254(本体¥1,140)
  • 早川書房(2020/11発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784150314545

ファイル: /

内容説明

虐げられた子供たちは、大人たちからの支配を逃れるため、ずっと知られざる戦いを繰り広げていた。そして一九七〇年、大阪万博で子供と大人は激突する! これは、お互いのユートピアを懸けたコドモとオトナの戦いの歴史に巻き込まれ、宿命に立ち向かった少年たちの思春期にまつわる黙示録である。電子書籍のための著者あとがきをあらたに収録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

coolgang1957

34
ほぼ同世代の牧野修さん、初めてですがあの頃の大阪芸大といえば、変わり者のイメージがあり畏れ多く平伏しそうです😅物語は未来がキラキラしてたあの万博です。そこへシト君が来ると言うことはエバンゲリオン?ちょい世代にギャップがあるけど、さすが芸大です😅1970.4.26といえばあの男かって期待したけど現実通りほぼ役割はありませんでした😓でも子どもの心を持ったオトナって気持ち悪いかなぁそんなことないよね、次の頁をめくるのは子どもたちで、それを見守るのが子どもたちと一緒に歩くオトナ…カッコつけてしまった😑2021/01/09

イツキ

13
オトナ人間に密かに侵略された世界で子供たちが自由のための革命を画策すると言うところから始まる今作。作者ならではのとらえどころの無い世界の中で繰り広げられる戦いは先の予想が全くできず常にドキドキさせられて面白いですし、純粋で後先考えずに生きている子供とオトナ人間に憑依されていないものの年を取り子供とは言えなくなった大人の存在に考えさせられます。今その瞬間が永遠に続くように感じられ楽しかった子供時代を思い出すと同時に社会性があるとは言い難い半端な存在に思える大人に自分を重ねてしまいほろ苦い気持ちになりました。2021/03/03

Ai

11
大人は分かってくれない。子どもは分かってくれない。誰しもが感じたことのあるあの種のコミュニケーションの難しさ。それは実は両者は別の種族、生き物、存在であるとしたら…から始まるSF。万博という新しくて懐かしいイベントを通して、ちょっとセンチメンタル気分にもなれる物語だった。2021/04/14

かながわ

9
思うがままにお城を描いてたら、塔がどんどん伸びて、謎の大砲付いちゃって、紙からはみ出たお城が出来る。歪とかはどうでもよくて、描いている時のあの高揚感。2021/08/01

hirayama46

7
前半はノスタルジーと新興宗教とこどもたちの冒険、後半には特異な発想力を縦横に駆使したSF展開が用意されており、いわゆる「電波的」な思想が色濃いキャラクターも多く、現時点での牧野修の集大成的な力作だと思います。500ページ以上あるなかなかの大作ですが、ぐいぐい読める作品でした。/皆川博子は大好きなのですが、この解説はちょっと首肯できかねるものがありました。2022/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16711312
  • ご注意事項