スターツ出版文庫<br> 明治ロマン政略婚姻譚

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

スターツ出版文庫
明治ロマン政略婚姻譚

  • ISBN:9784813709916

ファイル: /

内容説明

時は明治。没落華族の令嬢のあやは、妾の子である故に、虐げられて育った。急死した姉の身代わりとして、紡績会社の御曹司・行基と政略結婚することに。麗しい容姿と権力を持つ完璧な行基。自分など釣り合うわけがない、と形だけの結婚として受け入れる。しかし、行基はあやを女性として扱い、宝物のように大切にした。あやにとって、そんな風に愛されるのは生まれて初めての経験だった。愛のない結婚のはずが、彼の傍にいるだけでこの上ない幸せを感じるようになり・・・。孤独だった少女が愛される喜びを知る、明治シンデレラ物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うめきち

1
政略結婚ものは多くでてますが、最後は溺愛となるパターンがほとんどですね。さらりと読めて安心できます。2021/07/26

みや

1
☆☆☆2021/07/25

千代

0
自分だけ母親から辛く当たられる…と思っていたら、実は妾腹の子で実母は既になく…という、割とよくある話で始まる。義母には辛く当たられるけど、本妻の子の初子(姉)と孝義(弟)からは実の兄弟として出自がわかったあとも変わらない関係だったのが逆に新鮮に感じた。初子姉さんいい子や。ヒロインのあやは、どちらかというと、一ノ瀬と章子の話を番外編でいいから読みたかった。誤解やすれ違いのくだりもそんなにハラハラしなかったし、推測もできたので盛り上がれず。2020/12/03

マーガレット

0
今でこそ爵位とか華族とかはないけど、確かに家柄とか金持ちだとかは存在するわけで。ひどい仕打ちにあってきたあやは、心中してしまった姉の代わりに、姉の縁談の相手と結婚。それだけでも本当はかわいそうだけど、ちゃんと実は想い人だったっていうのは良かった!かわいそうな人にほど幸せになってほしいもんです。2021/02/03

藤井努

0
本屋で何気なく手にとった本なのに、すごく素敵な本でした。人の思いやりと温かさが伝わる心が緩む本でした。2020/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16641594

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。