マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか


ファイル: /

内容説明

生きるためには働かねばならない?
学校に行かないといけない?
それは私たちの思いこみに過ぎないのではないだろうか。

生きていくために働かなくてもいいところ、学校にいかなくてもいいところ。そんな場所に行って、人間の根源的な生き方について考えてみることはできないだろうか――。

「人間とは何か」を知るため、人類学者奥野克巳は、ボルネオ島で狩猟採集を主産業とする森の民「プナン」の地へ赴き、彼らのもとで暮らしました。
そのフィールドワークをまとめた著書『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』は、これまで知らずにとらわれていた価値観や窮屈な生活を考え直させられる、と異例の反響を呼ぶことに。

そして今回、新進気鋭のマンガ家MOSAとタッグを組んで、あらためて現地を取材、プナンの民族誌にマンガで挑戦。

「フンコロガシ」や「マレーグマ」「移動する小屋」「ヒゲイノシシ」「アホ犬」のエピソードなど、マンガでしか描けない人類学講義、プナンの暮らしを通して、“人類そのもの”が理解できる一冊です。