植物の生の哲学 - 混合の形而上学

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,520
  • Kinoppy

植物の生の哲学 - 混合の形而上学


ファイル: /

内容説明

種が落ちた場所から動くことなく一生を過ごす植物は、光合成により酸素を作り出し、あらゆる生物が住まう環境を整える。つまり植物は世界と溶け合い、世界を作り出し、世界に存在している。動物の哲学も存在論的転回もやすやすと超えて、植物の在り方から存在論を問い直す哲学エッセイ。モナコ哲学祭賞受賞作。山内志朗解説。

目次

I プロローグ
 1 植物、あるいは世界のはじまり
 2 生命領域を拡張する
 3 植物、または息づく精神
 4 自然の哲学のために

II 葉の理論──世界の大気
 5 葉
 6 ティクターリク・ロゼアエ
 7 空気のただ中で──大気の存在論
 8 世界の息吹
 9 すべてはすべての中に

III 根の理論──天体の生命
 10 根
 11 最も深いところにあるもの、それは天体である

IV 花の理論──理性のかたち
 12 花
 13 理性とは性のことである

V エピローグ
 14 思弁的独立栄養について
 15 大気のごとくに


解説[山内志朗]