角川ホラー文庫<br> おどろしの森

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川ホラー文庫
おどろしの森

  • 著者名:滝川さり【著者】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2020/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041099599

ファイル: /

内容説明

尼子拓真は新築一軒家を購入し幸せの絶頂だった。だが家の中でお香の匂いや女の笑い声がし出すように。なぜかそれは拓真にしか感じられず、霊能者にも異常ないと言われてしまう。この家に隠された秘密とは。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちょろこ

140
好印象、の一冊。念願の新築一軒家を購入した直後始まった怪異。お香の匂い、うふふ…の笑い声、そしてついに着物姿の女が…と掴みはバッチリ。前作ほど一気読みとはいかないまでも、散りばめられた謎は興味津々、その謎が回収されていく過程はなかなかのスッキリ感を味わえた。そして何よりも家という場をホラーに仕立て上げ、安心感から恐怖心へと変える設定は面白い。哀しみも溢れる対決シーン。せつなさにも対峙するかのようなこの霊能者コンビが好印象。明るい明日へと心疼かせるような心地良い読後感、これまた好印象。#ニコカド20202020/11/25

スエ

82
マイホームを手に入れ、幸せ絶頂の四人家族。…そんな時、異変は訪れた。「うふふ」耳元で聞こえる女の笑い声。 怪奇現象は続き、とうとう姿を表した着物女!! 「呪いは感染するから」いざ、対決!!2020/11/16

あっか

76
新刊。デビュー作お孵りが面白かったので今巻も期待して^^期待通り、良かったです!すぐ世界観に入り込めて、違和感もなく、伏線も全部回収してくれたし全体的に情景も分かりやすいし怖い。え!?という驚きもあり。ダレずに勢い込んでグングン読み進めちゃいました。波瀬が良いキャラなので単発は勿体ない…シリーズ化して欲しい。…が、ガールズバーで働く霊能力のある女の子、男女コンビ、タイトル、設定や読み心地、アクションばりの対決…等々、澤村伊智作品の比嘉姉妹シリーズをかなり彷彿とさせます。そちらが好きなら、この作品もぜひ!2020/10/25

眠る山猫屋

68
読み易く一気読み、なかなか巧い。男にしか見えない怪異、家庭内での父娘の軋轢、原因と元凶と組み立てと伏線がキチンとしていて読ませるなぁ。序盤の犇々と近づく薄気味悪い影が後半に向かうにしたがって、ちょっと妖怪退治アクション寄りになっていくのが惜しい気もする(なぜなら比嘉姉妹という先達がいるから)が、アキの正体には驚かされたし、だからこそのエンディングの清涼感。二作目でこのクオリティー、目が離せない作家さん。2020/11/21

もぐたん

51
家の中に「何か」がいる、という感覚は小さい頃によく感じていました。学校から帰った、一人の時間に、寝静まった夜の闇に。しんとした空気が毛穴から入り込んできて、思わず後ろを振り返ったものです。これはそんな思い出を呼び覚ました一冊でした。家…、そこは人の深い繋り、強い思いのある特殊な場所。だからこそ、「おどろし」はそこに現れたのでしょう。感染していく呪いに戦慄しながらも、心のどこかで安心して読み進めることができましたが、無意識に昼間を選んで読んだ作品でした。★★★☆☆2020/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16635603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。