ポプラ文庫<br> 跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

ポプラ文庫
跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング

  • ISBN:9784591167298

ファイル: /

内容説明

気ままなフリーター生活を送る浅井航は、ひょんなことから飲み屋で知り合った笹川啓介の会社「デッドモーニング」で働くことになる。そこは、孤立死や自殺など、わけありの死に方をした人たちの部屋を片付ける、特殊清掃専門の会社だった。死の痕跡がありありと残された現場に衝撃を受け、失敗つづきの浅井だが、飄々としている笹川も何かを抱えているようで――。 生きることの意味を真摯なまなざしで描き出す感動作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

78
フリーターが拾われたのは『特殊清掃専門会社』。遺品整理や、住人が亡くなった跡を消す仕事。その死も様々。孤独死、自殺、心中などなど。残された遺族の反応も様々。部屋の清掃場面はなかなかにリアルで食事をしながら読むのはかなりキツイ。自分の命より大切な誰かを亡くした時、残された人はどうなるのか。悲しみという暗闇の中から出るも留まるも本人次第。クラゲのようなフリーターの成長と、暗闇の中からの再起。生きてるという事を無駄にしてはいけない、一生懸命に生きなければという気持ちにさせられる。2022020/09/04

55
孤独死、自殺など、わけありの死に方をした人たちの部屋を片付ける特殊清掃専門会社「デッドモーニング」。飲み屋で知り合った笹川に誘われて、そこでバイトすることになったフリーターの浅井。その人の生きていた痕跡と、その死というものの痕跡が生々しく残る部屋で、それを消していく仕事。現場の描写はなかなかにグロく、だからこそリアル。初めは逃げ出し、時には失敗しながら、生と死とを見つめる仕事の中で成長していく浅井と、ずっと暗闇の中にいた笹川の変化が良かったな。造花であろうと、現場に供えられる一輪のスイートピーに救われた。2021/02/27

さくりや

48
面白かった!!私個人の死生観でいうと完全に原始仏教の影響を受けており「死が苦しいのは生きているから」とか考えているのだが、そんな風に考えていたら誰の死も受け止められないね。語り手・浅井が今時のよくいる若者なのが印象に残った。死んだらごみ同然に扱われる人間、悲しみの市から帰さぬ人間、色々いるが私は確実に前者だな笑。せめて大切な人の悲しみを悲しみと思えるように2020/09/09

ぐっち

44
訳ありの死に方をした人達の部屋を片付ける、特殊清掃会社。社長の笹川に巻き込まれて、アルバイトするようになった浅井だが…。清掃会社の方が書いたノンフィクションのほうも読んだことがあり、こういう話は遠慮せずに書けるフィクションも良いなと思った。この作者さんの他の本も読んでみたい。2021/05/09

稲荷

32
表紙のイラストが気に入って購入。最初はグロめな内容だと思っていたけど、死について考えさせられる話だった。段々と主人公が成長していくのもいい。2020/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16253690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。