最強の生き方 - 「自分は自分」でうまくいく

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍

最強の生き方 - 「自分は自分」でうまくいく

  • 著者名:アーノルド・ベネット
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 興陽館(2020/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784877232092

ファイル: /

内容説明

100年以上読み継がれた、世界中に影響を与えている『RESONABLE LIFE』を新鮮な訳で。
『仕事』『人間関係』『職場』『家族関係』
人生の道しるべは、これ一冊で充分!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

645TJC

16
後悔なく自分らしく生きるためにはどんな考え方が欲しいか?①自分を知ることから逃げない、自分の本能は不変。それに対して何をすればいいかは自分の本能が一番よく知っている。ありのままで居られる仕事を選ぶ。また、そんな仕事をしている人からは学びが多い②人生を楽しむには悩むより行動する。リスクと不安はなくならない。それらを受け入れ実際に起きた時に最大限、克服の努力をする③自分の自由を奪う習慣から逃れる。人間は習慣の生き物。自分の行動を振り返り、幸せになる以外の習慣は排除する2017/01/22

7
「自らの罪に泣き濡れるな」という言葉は心に響いた。罪悪感で心を満たしても、誰が褒めてくれるわけでもない。それでも、矛盾だらけの自分を許せなくなってしまう(それだけ、他人の評価から逃げているのかもしれないが)。2018/03/10

Tomohiro_Y

2
”己を知り相手を知れば百戦危うからず”とはよく言われますが、本書でも何回か出ているように自分を知らないから、他人の立場で考えられないから、大変なわけでございます。周りに流されず自分の本能に従うにはどうすれば良いのか、本書ではそのヒントを教えてくれています。しかし、分かっていてもできないのが普通でしょうね。不惑と言われる年にしてよく分かります。逆に若くしてその境地に立てれればすごいです。羨ましいですね。2018/01/28

くまねずみ

2
人生をいかに楽しむかが最強の生き方であると、作者は定義し、方法についていくつかヒントを提示している。習慣の奴隷になりがちな私は、特に学生時代はあまり人生楽しめてない人生だったなぁと回顧。心の悪習慣を断つためには、自分に対して早口で繰り返し説得し心を集中させること、を実践して行きたい。そして、変化は数日や数年では結果が出ない、変化を信じて行動し小さな積み重ねを続ける人にだけ変化はやってくる、は継続に大切なことに通じると思った。 不満点として訳がものすごく違和感を感じる。たぶん、原書で読んだ方がよい。2017/07/23

Miyuki

2
自分の生き方をみつめなおすために、シンプルに、自分に立ちかえる。 自分の人生を生きる本質について、知り、実践してゆくための、シンプルな考え方が身につきます。2017/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11242968
  • ご注意事項