目もと隠して、オトナのはなし

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

目もと隠して、オトナのはなし

  • 著者名:LiLy【著】
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,080)
  • 宝島社(2020/08発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800281821

ファイル: /

内容説明

目もとにモザイク入れなきゃ話せない話も増えてきた――。仕事、夫婦、不倫、離婚、セックス……etc. 若い頃と違って、友達に何でも赤裸々に話せるわけじゃない。だけど誰かと共有したい。女性の心をストレートに代弁する大人気エッセイスト・LiLyが描く、「肩書き」も「立場」も「責任」もあるオトナの、ちょっとダーティなガールズトーク。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホッパー

42
誰かとの会話ベースで話が進んでいくので面白い。恋愛についてこんなにも丸一冊書けるのかと、読み終わった後に思う。全体的に著者の優しさを感じる。2021/01/04

はるき

30
赤裸々なのに可愛い。清楚で可憐に憧れた少女期を通り過ぎ,日々をやり過ごす術をそれなりに身に着けた現在の私たち。全部欲しいとは言いませんが、欲しいものは沢山ある。男、子供、結婚、金、友情。女の話ってつまり、それに尽きる。2018/08/12

zoe

16
女性の共感を呼び、圧倒的な支持を受けるという作者。恋愛のカリスマとされる著者が、結婚、出産、離婚を経て、まあ、個人が特定されないように少しはごまかしつつ、ありのままの気持ちを書くという設定。セリフが口語で、その他が文語体という一般的に馴染んだスタイルではなく、セリフが口語で、本来文語の箇所も口語。もっといえば、セリフは、めっちゃ、マジで、本来文語かなと思うところが、口語調。昨日読んだ別の本も、何だか口語調で、今時これが普通なのかという感じ。これが、今流行りのエッセイか、そうなのだなと理解致しました。2018/10/17

K

4
恋愛真っ只中の時にリリさんのエッセイ読むとものすごく共感するのだが、恋愛中でないとすごく冷静に読むことができる。リリさんの代表作を読んだ男性が「恋愛ジャンキー女のヒステリックエッセイ」とキャッチコピーを付けていたが、ディスる意味ではなく思いっきり共感できて激しく頷いてしまった。安室ちゃんについてのエッセイは時代を駆け抜けてきたミューズの生き様を分析していて考えさせられるエッセイだったな〜2018/10/26

おさと

3
愛ではなくて、恋を求めているのかもしれないな、私も。と。他にも、うんうんそうなのよ、が、たくさん。2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13049495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。