日本人が教えたい新しい世界史〈新装版〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

日本人が教えたい新しい世界史〈新装版〉

  • 著者名:宮脇淳子【著】
  • 価格 ¥891(本体¥810)
  • 徳間書店(2020/07発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784198650742

ファイル: /

内容説明

《ニュー・クラシック・ライブラリー》新装版シリーズ第1弾!
世界史を歴史戦の道具にしてはいけない。
国民国家を超える世界史を日本人が構想する!


いま世界は、それぞれの国が自分たちは正しいという歴史を主張し合っている。
しかし、国民国家ごとの歴史をいくら集めてもそれが世界史になるわけではない。
これまで世界で歴史と呼びうるものは、ギリシャのヘーロドトスとシナの司馬遷の二人による記述しかなかった。
人類が誕生して文字を獲得すればすぐに歴史が成立するというほど歴史は簡単なものではない。
では、国家や時代の枠組みを超える新しい世界史は可能なのか。
歴史の根源に遡って構想した日本人による世界史への画期的試み。

【内容紹介】
第1章 「歴史とは何か」という大問題
第2章 歴史のある文明と歴史のない文明
第3章 世界で初めて歴史をつくったヘーロドトス
第4章 キリスト教文明が地中海文明に加わった
第5章 中国は日本人がつくった
第6章 『史記』に呪縛された中華圏の歴史観
第7章 日本文明はいかにして成立したか
第8章 『日本書紀』の歴史とは何か
第9章 国民国家が世界史を変えた
第10章 マルクスに騙され続けている世界史
第11章 日本の歴史教育の大問題
第12章 日本人がつくる世界史
(「目次」より)

歴史に「善悪二元論」を持ち込んではならない

いま日本と中国・韓国などの国家間で起こっている、政治的・外交的な歴史論争は、
自分は絶対に正しくて相手は常に間違っていたという「善悪二元論」ばかりになってしまっており、
よりよい方向に向かう動きとは決して言えません。
言いたい放題言って力でねじ伏せることを歴史だと思わされていることは、
とても悲しむべきことです。
(本文より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

_haruka_

1
タイトルと中身が伴ってない感じがするけど、要は「歴史とは何か」ということだと思う。目から鱗の話が多くて楽しかった。歴史は今の教育ではただの暗記科目と化してるけど、本来は因果関係に基づくストーリーがあり、面白いものなんだよね。2021/08/23

Go Extreme

1
歴史を成り立たせる四つの要素:直進する時間の観念時間をどう管理するか・文字・事件と事件の間には因果関係があるという感覚 歴史:過去そのもの<過去の解釈 歴史叙述 時代が変われば整理の仕方が変わる 輪廻思想の基本:くりかえし原初に戻る 対抗文明 日本も対抗文明の国 ネイションステイト・国民国家 自前の歴史文化:地中海文明とシナ文明 書く←書きたい理由 史料批判 民族も民族主義も―つのイデオロギー マルクス主義:下部構造が上部構造を決定 史的唯物論や唯物史観 ゾロアスター教の終末論 凡人たる人間にとっての救い2020/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15595024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。