相模原事件・裁判傍聴記 「役に立ちたい」と「障害者ヘイト」のあいだ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,694
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

相模原事件・裁判傍聴記 「役に立ちたい」と「障害者ヘイト」のあいだ

  • 著者名:雨宮処凛
  • 価格 ¥1,694(本体¥1,540)
  • 太田出版(2020/07発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784778317096

ファイル: /

内容説明

「社会の役に立ちたいと思いました」

2016年7月、19人の障害者を殺した植松聖。

全16回の公判の果てに2020年3月、死刑が確定―――。

彼の目から見えていたこの「世界」とは?



残酷な「本音」が「建前」を打ち破り、

「命は大切だ」というような「正論」を口にする者が

「現実を何もわかっていない」と嘲笑される光景があちこちにある。

そんなこの国に溢れる「生産性」「迷惑」「1人で死ね」という言葉。(中略)

彼の悪意はどのように熟成されていったのだろう。

「死刑になりたかった」のではない。「誰でもよかった」のでもない。

彼は衆院議長への手紙で「日本国と世界平和のために」とまで書いている。

――「はじめに」より