幻冬舎単行本<br> 「ねばならない」を捨てて生きる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
「ねばならない」を捨てて生きる

  • 著者名:矢作直樹【著】
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,080)
  • 幻冬舎(2020/07発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344036451

ファイル: /

内容説明

新型コロナウイルスによって一変した私たちの生活。
あたりまえのように行っていたことができなくなった日常のなかで、
もう捨ててもいい虚礼や健康常識・人間関係など、こころの断捨離・片づけ方のヒントが満載。死後の問題にも言及。

【もくじ】
第一章 九割の苦労はしなくていい
●ノープランが一番いい
●わかり合う作業をやめる
●知らない横文字は使わない ほか

第二章 キャリーバックを捨てる
●自動車もバイクもいらない
●助けたら逆にお礼をいう
●使いづらい部屋に住む ほか

第三章 縁を切られたら感謝する
●年賀状もお中元も出さない
●わからないことは考えない
●墓参りはしたいときにする ほか

第四章 多くの健康情報は必要ない
●風邪薬は飲まない
●医師に依存しない
●健康診断は不要なあら探し ほか

附章 すべては「あの世」から始まる
●あの世の理解なくして医療問題の解決なし
●AIと輪廻転生の共通点
●恐怖の伝染に加担しない ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パフちゃん@かのん変更

26
しなくていい苦労が9割。「~せねばならない」という意識を捨てる。国産品を食べる。自分の食い扶持を稼げばあとは自由。長時間の激しい運動は老化の元凶。歩くのが一番いい。物忘れは気にしない。あきらめるとは明らかに見極めること。ハンドヒーリングは効果がある。内臓より歯の定期検診を。死後の世界や前世を信じている。前世の記憶がある。と言うあたりが?だが、東大名誉教授でいらっしゃるのですよね。なんだかすごい人だ。2022/05/11

団塊シニア

19
齢をとると若い時と同じに動くけなくていい、あるがまの不自由さを楽しむ、いわゆる適度なあきらめも大切という作者の言葉はなぜか腑に落ちる2021/03/26

aloha0307

19
学び、覚悟、無常 は人生そのもの...日常に根ざしたことを変えるだけであたりまえマインドや自分をグルグルに縛る世間常識は簡単に捨てられる...か...私のような凡人にはとても無理ですよ(;_;)2021/01/11

T坊主

18
著者の考え方に共感します。1;宗教とは人間が作った癒しの仕組、墓も必要ないと考えます、今多少裕福になったから墓を作る人もいますが、人類が誕生してからどれだけの人が無くなり、墓がどれだけあるのでしょうか?檀家制度も江戸時代から?政治利用で双方にとって利益があるからできたものでは? 2;好きな事をやっていれば、なんとかなると思っています。勉強、読書、資格取得、転職大いによし、私の場合、今に活かされています。3;こだわるからつらくなる、あるがまま、不自由さを楽しもう。2021/08/29

まゆまゆ

10
日常はいつも同じではない。諸行無常であり、変化するもの、つまり「当たり前はない」ということ。9割の苦労はする必要がないもの。私たちに必要なのは苦労ではなく、工夫である。それは、ただこの瞬間に集中するということ。人生は学習・覚悟・無常である。2021/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16165790

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。