モバMAN<br> 琉球怪談 マブイグミの巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

モバMAN
琉球怪談 マブイグミの巻

  • ISBN:9784098607297

ファイル: /

内容説明

沖縄の「闇と癒やしの実話怪談集」第2弾!

沖縄の怪談は、古い物は恐怖よりも人外の世界に親しみを持たせる。また、避けて通れない沖縄戦に由来するものは惨事と哀切を伝える。これらの説話をまとめた実話怪談集「琉球怪談」(ボーダーインク社刊)を漫画化。原作はこの夏、「琉球怪談」最新作を発行する沖縄怪談のオーソリティー小原猛。漫画は、奇妙な愛すべき人々を描いてきた「高梨さん」の太田基之。
第2弾はマブイグミの巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あたびー

26
うちなー実話怪談のマンガ化です。内地から引っ越してきた女子高生に近所のおばーが色んな話をすると言うスタイル。なんとも言えない味のある絵でその面白さが倍増しているように思います。怪異だけでなくうちなーの暮らしも少し垣間見えます。この漫画あと2冊あるようなので、また見つけたら買いたいです。元本の方も読みます。2021/01/22

澤水月

9
古書店を営んでいたKさんにかかってくる買い手からの電話マジ怖ェ! おばあが東京から来た若い娘に話して聞かせる体裁で優しい絵だが井戸の怪、ガマ(戦時、人々が隠れた自然壕)で起きた悲劇や戦争を知らない若者たちの振る舞いなどハードな話も。巻末書き下ろしの文章2話も良い2020/08/10

Kavi

2
沖縄独特の信仰も、最近ではあまり信じない人が増えているそうです。ユタをはじめ、見える人、払える人、伝える人の継承者もどんどん減っているとか。沖縄がアメリカ軍に居座られる前の暮らしがどんなだったか見てみたい。沖縄の人が、自然とどう対話してたのか、知りたくなった。2021/10/07

かりん

2
太田基之の良さが琉球怪談のこわさとゆるさにぴたっと合っていてとてもよかった。2020/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16057472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。