教育不況からの脱出

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

教育不況からの脱出

  • ISBN:9784771033672

ファイル: /

内容説明

コロナ禍以後、日本の社会、教育システムはどう変わるべきか。コロナ禍は世界中を「リセット」させた。日本も再起動する絶好の機会だ。このチャンスを逃してはいけない。本書で提言する日本の社会・文化・会計年度に合った「日本型クォーター制」が、日本の教育制度に残存する構造的問題を、解決に導くだろう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

0
経済的な不振より、大学の不振つまり、「教育不況」の方が問題   精神的健康の日(mental health day) 社会人にサバティカルを提供→教育・研究の機会 アメリカの学年暦・セメスター制:長期の夏休み→さまざまな専門的活動を 20年後、やったことよりもやらなかったことに失望する 単なる規則・法規の改正<人間の改革 人をただフェンスで囲む→従順な羊 必要なのは適切な空間を与えることで 教育は、手に入れたものより、手に入れる送程にこそ価値がある  官僚によるミニマリスト的アプローチ→何ももたらさず2020/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16045548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。