文学こそ最高の教養である

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

文学こそ最高の教養である

  • ISBN:9784334044824

ファイル: /

内容説明

混迷の深まる現代に、何らかの指針を求めつつ、現実世界をひたむきに生きる人々にとって、文学は「即興性のない教養」として魅力的、かつ有用な存在ではなかろうか。「光文社古典新訳文庫」を立ち上げた駒井稔が、その道の専門家である翻訳者14人に初歩的なところから話を聞いた。肩の力を抜いて扉を開け、名翻訳者達の語りを聞くうちに、しだいに奥深くまで分け入っていく……。紀伊國屋書店新宿本店の大人気イベントの書籍化。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みあ

115
光文社古典新訳文庫を立ち上げた駒井稔氏と代表作14作の訳者達との対談を収録している。古典を現代的な訳で読む意味が深く理解出来る。翻訳ならではの苦悩や作家達の思いがけないエピソードまで話は尽きない。私がこの中で読んだことがあるのはロブ=グリエの『消しゴム』のみ。プルーストと『ソクラテスの弁明』は別の訳で読んだ。この中で読みたくなったのはフローベールの『三つの物語』とナボコフの『カメラ・オブスクーラ』と『絶望』。ナボコフとロブ=グリエの意外な接点やウルフがバイセクシャルだったことなど目から鱗の話ばかりである。2020/08/25

藤月はな(灯れ松明の火)

106
光文社の新訳古典文学は画期的だった。何故なら、このシリーズがあったからこそ、文豪という理由でハードルを高く、設定して読まず嫌いしていた作品に気軽に挑戦できたり、アチェベやジャン・パトリック・マンシェットなどの作家に出会うことができたのだから。この本は新訳古典文庫の立役者と翻訳家の対談集である。今まで凝り過ぎて苦手だったナコボフの文体の効果、「ソクラテスの弁明」の誤読しやすい点など、知らなかった事、意外な視点に再読熱が沸く(笑)同時に本を読む事、その作品を読んだ人の感想や考えを知る事の面白さも詰まっています2020/09/20

kaoru

65
光文社新訳に関わった翻訳者達と駒井先生の対談集。どこを読んでも面白いが『賭博者』を訳するためにドストエフスキーのドイツ旅行を再現する亀山郁夫さんの情熱に驚く。ロブ=グリエの『消しゴム』の訳者中条省平さんは高村薫に言及。フロベールの『三つの物語』に対する谷口亜沙子さんの繊細な感性。トーマス・マンのエロス三部作の岸美光さん、ディストピア小説『すばらしい新世界』の黒原敏行さん、ナボコフの『絶望』の貝澤哉さんなど名訳者たちがそれぞれの文学への理解を深く語る。教養ある方々の努力で古典的な名作を味わえると思うと→2021/02/19

燃えつきた棒

54
すこぶる付きの楽しい本。 既読本には、新たな発見や重要な示唆があり、未読本はどんどん読みたくなって来る。 それにしても、本書で紹介されている本の内、既読が僅かに4作品のみとはいかにも淋しい。 《もっとがんばりましょう》としか言いようがない。 もっと修行を積んでから、もう一度読んでみたい。 最も印象に残ったのは、高遠弘美さんによるプルースト『失われた時を求めて』だ。2020/09/30

molysk

52
「いま、息をしている言葉で。」をキャッチフレーズに、現代人の心に届くことばで、古典を現代によみがえらせることを目指して刊行されている、光文社古典新訳文庫。本書は、その編集長であった筆者と14人の翻訳者との対話を収録したもの。興味深かったのは、翻訳者の視点から苦心した点が伺えたこと。例えば、原文の一文が長い調子を訳文で再現するべきか、区切って読みやすさをとるか。邦題は親しまれたものにするか、新たな意味合いの題名を考えるか。あるいは、原語と日本語の構文や語彙の違い。古典を新たな形で届けてくれる翻訳者に感謝。2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16241309

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。