実業之日本社文庫<br> 知らない女が僕の部屋で死んでいた

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
知らない女が僕の部屋で死んでいた

  • 著者名:草凪優
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 実業之日本社(2020/06発売)
  • 春気分満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/18)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784408555959

ファイル: /

内容説明

怒濤のクライムサスペンス!
最下層の僕と
高嶺の花だった彼女

胸に痛い
恋愛小説である。
ストーリー展開は
ジェットコースターのようだ。
東 えりか 書評家 
(解説より抜粋)

眼が覚めると、知らない女が自宅のベッドで、全裸で死んでいた。
女は誰なのか、僕が殺したのか? 記憶を失った男は、女の正体を探る。
前夜、神楽坂のバーでふたりで飲んだこと、女は中学時代の元同級生で、
大企業の正社員であること、そして隠された暗黒の過去……。
ふたりの間に何が起こったのか!? 
怒濤の恋愛×官能×サスペンス、一気読み注意!!
 
【目次】
プロローグ
第一章 失われた記憶
第二章 死者のプロフィール
第三章 故郷へ
第四章 異常な欲望
第五章 再会
第六章 シンクロ
第七章 闇に降る雨
解説 東えりか