ちくま文庫<br> 土曜日は灰色の馬

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
土曜日は灰色の馬

  • 著者名:恩田陸【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 筑摩書房(2020/06発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480436474

ファイル: /

内容説明

恩田陸が眺める世界。小説、漫画、映画に音楽、舞台まで…少女時代からありとあらゆるエンターテインメントを堪能し、物語を愛し続ける作家の眼にはどんな世界が映っているのか? その耳では、どんな響きを感じているのか? どんな言葉で語るのか? 軽やかな筆致で想像力の海原を縦横無尽に楽しみ尽くす、とびきり贅沢なエッセイ集。

目次

硝子越しに囁く
Ⅰ 面白い本はすべてエンタメ
マンダレーの影 ダフネ・デュ・モーリア『レベッカ』
一人称の罠
喪失について ロバート・ネイサン『ジェニーの肖像』
深化する 小川洋子の小説
ブラッドベリは変わらない レイ・ブラッドベリ『塵よりよみがえり』
『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』を再読する 植草甚一について
空豆の呪い ジャック・フィニイ『レベル3』
深夜の機械 スティーヴン・キング『ダーク・タワーⅡ 運命の三人』
カバンに本とぐいのみを入れて
期待と妄想のあいだ、あるいは「工場の月」
我々の外側にいるもの 山田正紀『神狩り2 リッパー』
一九七〇年の衝撃 星新一『声の網』
昭和のアリバイを崩した男 松本清張『張込み』
「『藪の中』の真相」についての一考察 芥川龍之介「藪の中」
残月の行方 内田百〓「柳 校の小閑」
演出から遠く離れて 久世光彦『百先生 月を踏む』
ケレンと様式美、スター三島に酔いしれたい。 三島由紀夫『春の雪』
『鹿鳴館』悲劇の時代 三島由紀夫『鹿鳴館』
エスピオナージュからビルドゥングス・ロマンへ 佐藤優『自壊する帝国』
とある単語における一考察
高度な技とセンスの凝縮作品 『清水義範パスティーシュ100』
伝奇小説が書きたい
挿絵の魔力
恩田陸・編 世界文学全集
Ⅱ 少女漫画と成長してきた
反復する未来の記憶のはざまで 萩尾望都『バルバラ異界』
恐るべき少女たち
いかにして「引き」は形成されたか
内田善美を探して
Ⅲ 暗がりにいる神様は見えない
おはなしの神様は一人だけ ドラマ『24』
ビヨンセが、えらい 映画『ドリームガールズ』
うろおぼえの恐怖 映画『フォース・カインド』
娘たちの受難 演劇『エイミーズ・ビュー』
ある事業継承の失敗 演劇『リア王』
リアリティとリアリズムの狭間で 映画『カミュなんて知らない』
「面白さ」の定義を拒む面白さ。 映画『チェイサー』
アイドルの流謫 ビートルズについて
初出一覧
あとがき
文庫版あとがき