ちくま新書<br> 香港と日本 ──記憶・表象・アイデンティティ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,012
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま新書
香港と日本 ──記憶・表象・アイデンティティ

  • 著者名:銭俊華【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 筑摩書房(2020/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

二〇一九年の「逃亡犯条例改正案」への反対デモは熾烈を極め、多くの負傷者を出し、その戦いの終わりは未だに見えない。香港がこのような事態になったのは、どうしてなのか? 中国大陸の同化政策は、人びとにどのような影響を与えたのか? 本書は、香港人としての実感と研究者としての分析で、現在に至る香港の変遷を考察する。また『ドラえもん』『進撃の巨人』と香港政治運動の意外なつながり、大日本帝国の記憶など、香港における「日本」の表象を詳細に分析する。香港出身の気鋭の若手研究者による、日本人のための香港入門。

目次

はじめに
第Ⅰ部 「準都市国家」香港
第1章 香港とは何か──「準都市国家」を旅する
1 「準都市国家」との初対面
香港は日本で「存在」しない?
香港=準都市国家
ビザフリーと滞在期間
フライトの体験
機内で映画を見る
客室乗務員たち
香港の法律
2 入国して街へ
入国と国境
香港はほっとする
「女王の頭」
ロンドンの影
コンビニの「国民食」
3 ディズニーランドと言語
香港の公用語は「中国語」ではない?
キャラクターの訳名から見る香港の言語
香港人は英語がペラペラ?
SNSから見る香港の言語の特色
4 同化政策のなかで
香港の誕生日
香港というビジネス
香港の変調と同化政策
インフラによる同化
香港人が信じるもの
香港のオリンピック・チャンピオン
第2章 香港の主体性──国籍・「中国」・日本
1 アイデンティティと国籍
アイデンティティと国籍のずれ
主体性を代表するアイデンティティと「緩いアイデンティティ」
香港住民の来歴
事実上の二重「国籍」
2 私と「中国」
同化政策以前の「中国認識」
海外旅行のような中国本土訪問
二枚の写真からの疑問
差別について
香港人はもう我慢の限界
3 香港の広東語・中文
公用語
事実上の標準化
広東語の歌
中文の教育と習得
広東語の「全国制覇」
殺し屋である広東語
広東語とエスニックマイノリティ
本当の王者──金と英語
第3章 二〇一九年の香港──運動と分裂
1 死守
運動の序章
主体保衛運動
戦争の次元
政権と恐怖
警察をめぐる記憶
2 運命づけられた分裂
集合的記憶と香港芸能人の自滅
家族との「政治闘争」
父と「愛国者」の創成
母と庶民の視覚
「大人」のやましさ
3 二〇一九年の小辞典
スピリット篇
行動篇
警察篇
数字篇
道具篇
第Ⅱ部 香港と「日本」
第4章 香港と日本アニメ──表象・記憶・言説
1 日本アニメと香港の過去
共通の記憶と日本アニメ
ローカライズされた日本アニメ
「児歌金曲頒奨典礼」
アニメキャラは裏切らない
『ドラえもん』と過去の香港
「本地蛋」
『ドラえもん』と自由の喪失
2 『カードキャプターさくら』への片思い
『カードキャプターさくら』における「香港」
片思いする香港人
『カードキャプターさくら』と目覚めた香港アイデンティティ
香港の体・中国の魂
3 日本アニメと香港政治
『進撃の巨人』主題歌の替え歌
ヘイトスピーチなのか?
原歌詞との一致
『デジタルモンスター』と正義
第5章 日本イメージの変容とアイデンティティ
1 大日本帝国の記憶
韓国ドラマと日本という他者
香港カンフー映画の民族意識と卑怯な「日本」
香港の怪談と日本軍
怪談より恐ろしいテレビ番組
2 知日派から新知日派へ
戦後知日派──中国人として日本を語る
欲望の日本と香港のポリス時代
『望郷』
新知日派──香港人として日本を語る
野球映画『點五 』
香港アイデンティティと「鬼子」から解放される日本
日本ノスタルジー
第6章 戦争の記憶と「中国民族意識」
1 香港における「反日」の変容
背景
一九〇八~四一年──拡大してきた対日抗議運動
一九四五~九七年──形式化と記憶の混成
戦争記憶と民族意識の相互関係
2 戦争記憶と民族意識に対する政府の操作
香港政庁の対日抗議運動への態度と戦争記憶の処理
重光記念日と平和記念日の背景
イギリス統治の合法性と権威を表象化
華人を統合することと華人からの承認
祝日と式典の公式性
「日本」──「無色の他者」
「日本」はなぜ「無色」なのか
一九九七年以降──祝日と儀式の希薄化
強調される東江縦隊
国民教育としての戦争記憶
第7章 戦争の忘却・想起・香港アイデンティティ
1 イギリス統治の遺産
物質的な場──モニュメント
香港戦に関する論述
「無色の他者」である「日本」
機能的な場──退役軍人団体
二戦退役軍人の経歴──歴史と「日本」の多元性
象徴的な場──記念式典
2 政治動員、社会運動、および戦争記憶の操作
本土派による記憶ブーム
時代思進の活動
メディアと論客の注目
スポーツ、エンターテイメントと記憶ブーム
英雄の再生、共同体の再構築および政治動員
言葉の再利用および中国共産党への批判
反共と戦争記憶
比喩の構成──本土派と親国民党メディアの相違点
歴史のなかの「日本」
おわりに

主要参考文献