明解 経済理論入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

明解 経済理論入門

  • 著者名:高橋洋一【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 特価 ¥990(本体¥900)
  • あさ出版(2020/06発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866671963

ファイル: /

内容説明

世の中には、ウソや誤解から生まれた論説がはびこっている。
虚構まがいの論説を世間に振りまく人も、
それを信じ込んでしまう人も、じつのところ陥っているところは同じだ。

こういう人たちには、その場その場で主観的、感覚的にモノを考えるクセがある。

揺るぎないロジックに従って考えれば単純明快なことを、
わざわざ自分の頭の中でこねくり回し、
一貫性にも整合性にも乏しい、めちゃくちゃなことを言い出す。

なぜ、そうなってしまうのか。
要するに、社会を正しく見るための「フレームワーク」が欠けているのだ。
そんなフレームワークとして役立つものが、
本書で解説する経済理論である。


■目次

●プロローグ 経済理論を学ぶと、何がいいのか
 ・経済理論の役割とは?
 ・「丸暗記」は本当の知識とはいえない
 ・経済理論は経済制作における「フレームワーク」

●1章 まず知っておきたい2大理論
 ・なぜ国は成功を目指すべきなのか―――「オークンの法則」
 ・まず、簡単な計算をしてみよう
 ・統計学の真っ当な分析から得られた「オークンの法則」
 ・「くたばれGDP」は「上がれ失業率」と同じこと
 ・なぜ中国の経済統計は信用できないか
 ・成長は「社会みんな」のもの
 ・経済学者がオークンの法則を知らない「日本独特の事情」

●2章 経済政策がスッキリわかる2大理論

●3章 「公平な社会」は、こうして作られる

●4章 シンプルなロジックで「バカ」を一撃で倒す

●エピローグ 物事を本質的に理解し、自分の頭で考えるために

■著者高橋洋一
1955年東京都生まれ。都立小石川高校(現・都立小石川中等教育学校)を経て、
東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、
内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。
小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、「霞が関埋蔵金」の
公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」など数々の政策提案・実現をしてきた。
また、戦後の日本で経済の最重要問題ともいえる、バブル崩壊後の「不良債権処理」の陣頭指揮をとり、
不良債権償却の「大魔王」のあだ名を頂戴した。2008年退官。
現在、嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。第17回山本七平賞を受賞した
『さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)など、ベスト・ロングセラー多数
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)