岩波新書<br> 小学校英語のジレンマ

個数:1
紙書籍版価格
¥924
  • 電子書籍
  • Reader

岩波新書
小学校英語のジレンマ

  • 著者名:寺沢拓敬
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 岩波書店(2020/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784004318262

ファイル: /

内容説明

二〇二〇年四月から小学校五・六年で正式教科としての英語が,三・四年で必修の「外国語活動」が始まる.グローバル化時代には必須との大きな期待と根強い反対を経て生まれた「小学校英語」はどこへ向かうのか.実際,どんな効果が見込めるのか.約三〇年の改革の経緯,教える負担の大きさなど,未解決の論点を網羅する画期的な一冊.

目次

はじめに

序 章


第Ⅰ部 小学校英語,これまでの道のり

第1章 【第Ⅰ期】小学校英語前史
 1 戦前から戦後へ
 2 英語教育の早期化と臨時教育審議会
 3 学習と年齢効果の研究

第2章 【第Ⅱ期】「実験」の時代
 1 「国際化時代」と英語教育の議論
 2 研究開発学校では何が学ばれていたのか
 3 小学校英語推進派の理想主義

第3章 【第Ⅲ期】模索の時代――多様性とカオスの小学校英語
 1 小学校に英語がやってきた
 2 総合学習での英語活動
 3 教育特区での小学校英語
 4 小学校英語論争の勃発

第4章 【第Ⅳ期】「外国語活動」の誕生
 1 「グローバル化時代の人材育成」と英語教育
 2 「必修だが教科でない」
 3 特殊日本的な「外国語活動」
 4 英語力は向上するのか,国語力がダメになるのか

第5章 【第Ⅴ期】教科化・早期化に向けて
 1 トップダウン型の教育改革へ
 2 第二次安倍政権以後の改革――変質する政策審議
 3 教科化既定路線の中の賛否
 4 世論の期待と不安


第Ⅱ部 小学校英語の展望

第6章 現在までの改革の批判的検討
 1 小学校英語三〇年の歴史を振り返る
 2 根拠なき計画・実行

第7章 どんな効果があったのか
 1 教育政策を支えるデータとは
 2 小学校英語の効果,これまでの研究
 3 小学校で英語を学んだ子どもの英語力・態度は向上したのか?
 4 根拠に基づいた議論を

第8章 グローバル化と小学校英語
 1 「グローバル化だから小学校英語」でよいのか
 2 英語ニーズのこれから

第9章 教員の負担とさまざまな制約
 1 誰が教えるのか
 2 制度,予算の制約,世論のプレッシャー
 3 外部人材活用という「第三の道」


おわりに

年 表
参考文献