富士見L文庫<br> 御苑筆姫物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
御苑筆姫物語

  • ISBN:9784040736815

ファイル: /

内容説明

呑気な隠居を夢み、円満退職を願う代筆係の采女・蒼月。期せずして皇帝から六人の姫へ贈る恋文と、物語の執筆を頼まれることとなる。蒼月は六つの物語作りに奮闘するはずが、祖国の反乱に巻き込まれ――?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
定年後の呑気な隠居を夢みて円満退職を願う代筆係の采女・蒼月。期せずして皇帝とから姫へ贈る恋文と物語の執筆を頼まれ、さらには思わぬ争乱に巻き込まれてゆく中華風ファンタジー。今上帝・叡泉に字の上手さを見込まれたことによる転機。明らかになってゆく蒼月の秘めた過去と、周辺国を侵略する晏国の苛烈な遺臣狩り。次代への中継ぎに徹する叡泉と物語が好き過ぎて自らの計画に固執する蒼月でしたけど、巻き込まれた危機的状況に力を合わせて乗り越えたことでお互い心境の変化もありましたかね…そんな二人の行く末をもう少し読んでみたいです。2020/08/01

よっしー

20
図書館で見かけた一冊。時代背景や官職の理解が難しく、時折首をかしげる部分はありましたが、蒼月の貪欲に物語を欲する姿勢は良かったです。興味ない人には無意味かもですが、好きな人は好きですよね!!ただ、その為に将来の道を狭めてしまっているのは勿体無いと思うのですが…。でも、この流れだと円満に定年退職とはいかなさそうです。このままだと、皇帝が不憫に思えるので…何とかして欲しいと思ってしまいます。2021/05/31

虚と紅羽

15
全体を通して月夜のしんとした庭園のような雰囲気の作品。雪とか降って幻想的な美しさを醸す世界観に化ける可能性を感じる。 故意となのかなんなのか分からないけど、すいーっと話が進んだ感。え、待ってこれどういう事なの?な部分の未回収が多い気が。それ残念。 姫君たちに贈る物語全部読んでみたい。蒼月の物語馬鹿っぷりに共感を覚える。休みには本屋行きたいよなぁ。分かる。気に入りの作品の新刊とか楽しみだし、その作品の原稿貰えるなら多少危険でも行っちゃうよなぁ。2020/11/06

まいさん

8
岱国皇都の後宮で筆匠として働く蒼月は、定年退職後に悠々自適な執筆生活を送ること。ところが、皇帝・叡泉から入内する姫への贈物の用意を命じられたことから事件へと巻き込まれ-。テンポが速く、最後までぐぐっと引っ張られ読み終わった。もしかすると以下続刊か。2020/07/30

ブルーノ

7
後宮内での代筆業に就く女性が主人公。皇帝の寵愛を得ることには全く興味が無く、円満定年退職を望む本の虫の蒼月が、本人の願いとは逆に皇帝の為に働く事になり、騒動に巻き込まれていく。最初は変人だと思っていた蒼月の人柄や過去を知っていくうちに、どんどんストーリーに引き込まれていった。そして、小気味よいラストに気分良く読了。でも、続編も出て欲しい。2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15866490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。