誇りと偏見

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

誇りと偏見

  • ISBN:9784866672021

ファイル: /

内容説明

誤解・妨害・障害を超えて恋を成就させる過程を丁寧に描き、
現在でも映画化・ドラマ化が引きもきらない人気作品。
『ブリジット・ジョーンズの日記』の元ネタとなった作品としても有名。

中流階級の次女エリザベスと、上流階級の紳士・ダーシー。

格の違いによるプライドと偏見が邪魔をして、
出会ったときにはお互いに反目しあった2人だが、
エリザベスの知性と快活さにダーシーは惹かれていく。


■主な登場人物

●ベネット家
・ベネット氏(ハーフォードシァの地所邸宅ロングボード・ハウスの主)
・妻ベネット夫人
・長女ジェーン(二十二歳。ベネット嬢)
・次女エリザベス(リジ―、エライザとも呼ばれる。二十歳。この小説の主人公)
・三女メァリー(読書好き。知識、芸事が自慢)
・四女キャサリン(キティ―とも呼ばれる。十七、八歳)
・五女リディア(十五、六歳)

●ルーカス家
・サー・ウィリアム・ルーカス(受勲士(ナイト)、ルーカス・ロッジの主)
・妻ルーカス令夫人
・長女シャーロット(二十七歳。ルーカス嬢。エリザベス・ベネットの親友)
・次女マライア その他、息子、娘が数人。

●ビングリー家
・チャールス・ビングリー(二十二歳。地所邸宅ネザフィールドの借り主。遺産十万ポンドを所有)
・ハース氏とルイーザ・ハースト夫人(ビングリーの姉夫婦)
・キャロライン・ビングリー(ビングリー嬢。ビングリーの妹。二万ポンドの持参金を持つ)

●ダーシー家
・フィッツウィリアム・ダーシー(二十八歳。ダービシァのペンバリー荘園の主、年収一万ポンド。母(故人)は伯爵(故人)の上娘)
・ジョージアナ(十六歳。ダーシー嬢。ダーシーの妹)
・レノルズ夫人(ペンバリー荘園の女中頭)
・アンズリー夫人(ジョージアナの付添人)
・ヤング夫人(ジョージアナの元家庭教師兼付添人)

●デ・バーグ家
・キャサリン・デ・バーグ令夫人(キャサリン令夫人。ロージンズ荘園の主。伯爵の下娘でアーシーの母方の叔母)
・アン・デ・バーグ(デ・バーグ嬢。キャサリン令夫人の娘。ダーシーの従妹)
・フィッツウィリアム大佐(現在の伯爵次男。三十〇歳くらい。キャサリン令夫人の甥。ダーシー、ジョージア、アンの従兄)

●コリンズ家
・ウィリアム・コリンズ氏(二十五歳。ケント州ハンスフォードの牧師。ベネット氏の従弟、ロングボーンの後継者)

●著者 ジェーン・オースティン
●翻訳 パーカー敬子