テレワーク大全

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

テレワーク大全

  • ISBN:9784296106875

ファイル: /

内容説明

独自調査と徹底取材で導く アフターコロナ時代の働き方
導入から活用、業務改革の勘所までこの1冊で網羅!

「テレワーク」とは、単に「社外で仕事をする行為」ではありません。
その本質は、デジタル時代にふさわしい新たな仕事の進め方を見つけ出し
実践するところにあります。

どうすればテレワークをうまく導入できるのか。注意点は何か。
作業効率を上げるポイントはどこにあるのか。
本書ではそんな疑問に答え、テレワークに関する困りごとを一挙に解決します。

第1章 調査編 3000人が明かすテレワークの実態
第2章 導入編 テレワークの基本と準備
第3章 活用編 20の問題はこう解決する
第4章 事例編 先行7社の奮闘に学ぶ
第5章 発展編 ビジネスチャットで業務改革
第6章 資料編 助成金とガイドライン

目次

第1章 調査編 3000人が明かすテレワークの実態
緊急事態宣言の後、七割超がテレワーク
テレワークできる仕事の割合は?
生産性、「下がった」が六割以上
テレワーク利用を阻害する五大要因

第2章 導入編 テレワークの基本と準備
必須アイテム・こだわりアイテム
まだある、意外なお役立ちアイテム
知っておきたい情報漏洩対策の基本
就業規則の見直し方と運用ルールの設け方

第3章 活用編 20の問題はこう解決する
しーんと静まりかえるWeb会議
上司が仕事の邪魔をする
紙の書類とハンコを無くせない
勤務とサボりの区別が付かない
知らずに法律違反
組織の分裂を招く「テレワーク差別」
私物スマホの「ギガ」不足が露呈
「VPN渋滞」が日本中で発生
通信トラブルとクラウド障害が襲う
最大の阻害要因は経営者だ ほか

第4章 事例編 先行7社の奮闘に学ぶ
GMOインターネットグループ、ハンコ撤廃へ
塩野義製薬、領収書の電子化を断行
日清食品、年間労働時間を半月分減らした秘策 ほか

第5章 発展編 ビジネスチャットで業務改革
全社利用が効果発揮の第一歩
検討と導入は「小さく素早く」
システム連携で効果倍増 ほか

第6章 資料編 助成金とガイドライン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

32
昨今のコロナ騒動をきっかけに広まった「テレワーク」に関して、テレワークの実態・準備方法・問題点等が体系的にまとまった一冊(GMOやさくらインターネットなど、先行してテレワークを実施した企業の実例もあり)。内容わかりやすいし、テレワークの助成金やガイドラインについてもまとまっているので、これから「テレワーク」を取り入れようと考えている企業・ビジネスマンにはオススメ。自分はどちらかといえばテレワークに関しては「知っている」方だが、それでも得られる(知らなかった)情報は多かったので非常に満足。2020/06/12

ラテちゃん

13
テレワークはオフィスでする仕事をただそのままそれぞれの家に移しただけではもちろんうまくいかない。デメリットをいかに最小化しメリットを最大化するのか、そのヒントがかなり具体的に書かれている。自分では結構効率よくやってるつもりだったけど、いろいろな事例を見るともっと斬新で効率のいいやり方があるんだなと目から鱗。ただ、組織レベルで進めていかないと個人で出来ることには限界があるなと感じた。2021/01/30

ニョンブーチョッパー

7
★★★★☆ 「大全」と銘打っているだけあって、いろいろな立場の人が役立てるような内容になっていると思う。テレワーク環境の整え方もハードルを低く設定してあって、基本的な内容から具体的に書かれているので、初めての人でも取っ掛かりとして役立つと思う。2020/07/21

入道雲

6
さすがに2020年6月の出版なので、現時点からするとテレワークの課題や解決策などは進化しているが、当時の時点=急速に感染拡大と在宅シフトしつつある中で、状況や方策をまとめたものとしてはスゴイ。後半にある、先行7社の事例は今でもヒントになることがあるように思う。2021/12/01

5
東京オリンピックの混雑対策として、以前からテレワークを進める動きもあったようだが、もうひとつ浸透しないままコロナ禍に突入してしまった感。電子ハンコとビジネスチャットによる案内業務に興味を持った。技術革新とライフスタイルって表裏一体だな。2020/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15826587

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。