コロナウイルス禍の世界で、神はどこにいるのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

コロナウイルス禍の世界で、神はどこにいるのか

  • 著者名:ジョン・レノックス/山形優子フットマン
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 特価 ¥220(本体¥200)
  • いのちのことば社(2020/05発売)
  • もうすぐ七夕!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/5)
  • ポイント 50pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2020年3月、首都封鎖下のイギリスから、オックスフォード大学の気鋭の学者が、神の存在と真の希望を語る。
世界中で猛威を振るい、多くの死者を出している新型コロナウイルス。言いようもない不安、恐怖、猜疑心が各国を覆っている今、慰めと希望をどこに見出すことができるのだろうか。
2020年秋、『科学はすべてを証明できるのか?――「神と科学」論争を考える』(仮題)邦訳出版を予定する著者が、緊急出版。期間限定価格220円(8月1日以降、550円)