江戸の鳥類図譜 ~大名、学者、本草画家が描いた日本の鳥たち~

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,180
  • Kinoppy
  • Reader

江戸の鳥類図譜 ~大名、学者、本草画家が描いた日本の鳥たち~

  • 著者名:細川博昭【著】
  • 価格 ¥3,762(本体¥3,420)
  • 秀和システム(2020/05発売)
  • ポイント 34pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

江戸時代、本草学を学び、写実的な絵を描ける絵師を本草画家と呼びました。十六世紀のヨーロッパで各種の動植物図鑑がつくられたのと並行するように、日本でも本草画家による図譜が、鳥だけでも百点以上作られました。本書は、江戸の鳥図譜を、現在の鳥類図鑑の分類に沿ったかたちで並べなおし、現代語の解説を加えて紹介する総合的な江戸の鳥類図譜です。江戸の人々が見た鳥と、江戸の鳥図譜の世界を堪能してください。