「2020」後―新しい日本の話をしよう

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

「2020」後―新しい日本の話をしよう

  • 著者名:河合雅司【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 講談社(2020/05発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

年功序列、定年制度はなくなる?テレワークは基本?ワークライフバランスは常識?家はもう財産じゃない?ますます結婚できなくなる?学歴は意味がなくなる?年金だけじゃ生きられない?
―――コロナで一変した「2020」後の世界を私たちはどう生きていくか。
累計88万部突破の『未来の年表』の著者が新たに提言。

日本の不都合な真実をデータから読み解く、
これからの日本の歩き方とは?

「2020」・・・現在の世界
・子どもを産める女性が(そもそも)いない
・“便利の終わり”がやってくる
・おばあちゃん大国―――高齢者の高齢化

「2020」後・・・未来の世界
〈働き方の未来〉
・何歳まで働く? 私たちの未来
・給料はもう上がらない? 日本の賃金

〈家族の未来〉
・もはや過去の問題? 遺産のゆくえ
・上がり続ける生涯未婚率

〈学校・教育の未来〉
・学歴の意味が変わる
・小学校、中学校がなくなっていく

〈お金の未来〉
・家はもう財産じゃない
・年金だけでは生きていけない問題

〈サービスの未来〉
・故郷がなくなっていく
・高齢者の増加→民主主義が崩壊?

〈コラム〉
・人口減少は日本だけじゃない
・女性の働き方の未来は
・ソサエティ5.0社会を生きる

コロナを経て新しい世界を生きる指針を提言。


※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。