ちくま学芸文庫<br> 日本の神話

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
日本の神話

  • 著者名:筑紫申真【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 筑摩書房(2020/05発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

古代日本においては、統治の正統性を確立するために、征服した部族が、征服された側の神話を、自らの神話に取り込んだ。そうして出来上がったのが天皇家の神話、記紀神話である。記紀神話の成立にあたっては、天皇家に征服された伊勢の豪族、度会氏、宇治土公氏がすすんで協力した。その結果、伊勢地方の太陽神であったアマテラスが万世一系の祖先神となる。しかしなぜ単なる一地方神が皇祖神に選ばれたのか?それはアマテラスが、日本人にとって最も当たり前で受け入れやすいタイプの神だったからだ。国家統治のために創り上げられた神話を元の地方神話に解体し、日本の神の原初の姿を取り出して見せた、画期的な研究。

目次

Ⅰ 神話をつくる人びと
神話は生きている
浴みする美女
神話の普及
国歌「君が代」への幻想
海から天へ
神話のプロット
Ⅱ 日本神話の基盤
八島
贄の海の神事
御座の岩
我が君の
興玉
大江
Ⅲ 海から天へ
二見の浦
潜島
夫婦岩
滝祭り
高天原
皇大神宮の前身
Ⅳ 海の信仰と神話
塩こおろこおろ
淡島
飛島
持統天皇の伊勢行幸
海に生まれたアマテラス
Ⅴ 日本の古代信仰
貴船のカミ
舟石
天降りの舟形
倭姫の船旅
プレ・アマテラス
浜の南宮と西宮
恵比須祭り
広田と兜山
カミガミの単純化
佐田浜
日の山
Ⅵ 吉野・熊野と神武天皇
加太の淡島
女の司祭者
淡島と大峰
神武と天武
桃太郎の誕生
雷の父子
鏡宮と朝熊山
雨乞いの聖地
アマテラスの遷幸
熊野信仰
川上から海への展望
Ⅶ カミガミの単純化
宗像のカミ
宇佐八幡
カミの分化
村のカミ
アマテラスの分身
Ⅷ 神路川をめぐって
志摩国
オノコロ島
伊雑宮と青峰
ススキの穂
イセの浜荻
葦原
海豚の参宮
太平洋の七本鮫
因幡の白兎
蛇と豊玉姫
八島国
神話の創作
八咫烏
穂落しのカミ
稚日女
機織姫
海から川上へ
天の岩戸
岩戸の雨乞い
日向という地名
Ⅸ 大いなる神話ニッポン
ヒナタとヒムカ
天孫降臨の伝説地
瀬戸内海
大和の日祭り
日高見国
天照とニニギと神武
宮廷の信仰変遷
Ⅹ 神話の時代
大津皇子の辞世の詩
持統女帝の人間像
神話の迫力
  伊勢の内宮と外宮の関係
川の秘密
水源のカミ
賀茂のカミ
貴船川の説話
皇極女帝の雨乞い
貴船の雨乞い
水戸のカミ
マナゴ岩
高河原のカミ
月のカミと日のカミ
外宮と内宮
朝夕散飯のカミ
白い馬
  固有信仰の復元
海女の垢離かき
ゲーター祭と輪じめ縄
盤の魚となまこ引き
元日と小正月
石採り
潮かけ
杉の小枝
田植え祭
固有信仰の復元
折口民俗学の実証性
ダイジェスト・日本の神話
解説 海から来る神に日本神話の原像を見る試み(金沢英之)