文春新書<br> 遊王 徳川家斉

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
遊王 徳川家斉

  • 著者名:岡崎守恭【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 文藝春秋(2020/05発売)
  • あじさいの季節!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/7)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

在位50年、子どもは50人以上!
泰平の世のはまり役、「オットセイ将軍」の治世は、賄賂と庶民文化の花盛り。

「種馬公方」と揶揄されがちな家斉。映画やドラマでは常に脇役扱いで、評伝などもほとんど見当たらない。しかし、明治期に「古きよき時代」と懐かしがられたのは彼が50年にわたって治めた文化文政の世だった。華やかで、のびやかな権力者生活を謳歌した十一代将軍とその時代を詳らかにする。

【目次より】
はじめに 家斉のススメ
第一章 将軍家奪取 一橋家の野望
第二章 十一代将軍への道
第三章 「性」と「生」への執念
第四章 「政」はお任せで、仕事はぜいたく
第五章 相撲も歌舞伎も浮世絵も
第六章 赤門の溶姫様と悪名高き「三侫人」
第七章 家斉の死去と幕府の落日 
エピローグ 浜御殿の川路聖謨