中央公論 Digital Digest<br> 脱・コロナ恐慌

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

中央公論 Digital Digest
脱・コロナ恐慌


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、
世界大恐慌以来最悪の景気後退が予測されている。
迫り来る「コロナ恐慌」を、日本はいかにして乗り切るのか?
そして、「コロナ後」の世界秩序はどうなるのか?
(『中央公論』2020年6月号特集の電子化)

<日本の選択>

経営者は「変化はチャンス」の発想を
中西宏明

●連合会長、あいまいな政府の対応にもの申す
一過性に終わらないセーフティネットを急げ
神津里季生

●日本経済を襲うコロナショック
需要、供給、所得を止める未曽有の複合危機
小峰隆夫

●労働経済学×希望学×危機対応学からのヒント
異常と変化に対応しうる「働き方」へ
玄田有史

●五輪に「ワンチーム」は可能か?
安倍さん、小池さん、山下さん、そしてバッハ会長のこと
森 喜朗
聞き手 二宮清純

●JFA会長の闘病、生還、そして今後
私もサッカーも五輪もコロナに負けない!
田嶋幸三

<世界の変容>

●【鼎談】パックス・アメリカーナの終焉が来る?
アフターコロナの地政学
鈴木一人×細谷雄一×詫摩佳代

●トランプvs.バイデン 異例の「戦時」大統領選挙
渡辺 靖

●ポスト・コロナの世界を予見する
国内の行政権が強まりグローバリズムは後退する
佐藤 優

●「疫病史観」による中国の一〇〇年と新型肺炎
飯島 渉

●感染拡大するイタリア その医療体制と国民性
日伊 国際電話で交わした夫婦の議論
ヤマザキマリ