新潮文庫<br> 百年の散歩(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
百年の散歩(新潮文庫)

  • 著者名:多和田葉子【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 新潮社(2020/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101255828

ファイル: /

内容説明

豆のスープをかき混ぜてもの思いに遊ぶ黒い〈奇異茶店〉。サングラスの表面が湖の碧さで世界を映す眼鏡屋。看板文字の「白薔薇」が導くレジスタンス劇。カント、マルクス、マヤコフスキー。ベルリンを幾筋も走る、偉人の名をもつ通りを、あの人に会うため異邦人のわたしは歩く。多言語の不思議な響きと、歴史の暗がりから届く声に耳を澄ましながら。うつろう景色に夢想を重ね、街を漂う物語。(解説・松永美穂)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

435
本書によれば、ベルリンはフランスから逃れてきたユグノー教徒たちによって作られた街であるとか。たしかにベルリンはそんなに古くからある街ではない。第2次大戦で壊滅的に破壊されたこともあるが、名所中の名所ブランデンブルク門にしてからが18世紀末。そんなベルリンの通りを逍遥しつつ、時にはローザ・ルクセンブルクと邂逅し、また時にはブリュンヒルデの面影に遭遇する。まさにベルリン・ラビリンスの世界である。冒頭の「カント通り」こそ語りは吃音のごとくであるが(それはまたいたって散文詩的でもある)やがて読者は幻のベルリンへ。2021/01/25

佐島楓

79
外国を旅するとその国のことばを母国語として変換し、聞き取ってしまうことがある。複数言語を解するひとなら、なおさら混乱を起こすだろう。その彷徨う感じを文学化した作品と言ってしまえば早いか。ことばの海の中を行きつ戻りつしながら、「わたし」は異国のひとたちの名前のつけられた通りを歩く。そこで出会う異様なものごとは、本当に「わたし」が体験したことなのか。始終混乱が起こり続ける大人の旅物語。2020/02/02

サンタマリア

45
ベルリンに住む日本人女性が通りを歩く。彼女の目に飛び込んできた風景や幻想、また豊かな想像がたくみな言葉遊びを交えて展開されていく。2021/05/09

Anemone

35
酔っぱらう。時空や架空を行き交い重ねられる言葉たちに。ふらりと散歩に出たはずがいつの間にか船酔いしている。そんな気分。2020/02/20

kazi

34
私の視点を通して語られる幻想的なベルリンの風景。特有の言葉遊び・言語に対する感覚が非常に印象的です。大量消費される商品に対する嫌悪感・警戒心や、労働者の最低賃金への関心、人種と断絶の問題などについて書かれた部分が特に印象に残った。今更ですが、ベルリンでは芸術家の名前が通りの名称になっているんですね。“カント通り”“プーシキン並木通り”。それって素敵。首都としての華やかな歴史と、戦争・分断に象徴される負の歴史を併せ持つベルリンには私も凄く関心があります。私もお散歩してみたい。以上、レビュー終わり。2021/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14935765

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。