講談社選書メチエ<br> 山に立つ神と仏 柱立てと懸造の心性史

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,145
  • Kinoppy
  • Reader

講談社選書メチエ
山に立つ神と仏 柱立てと懸造の心性史

  • 著者名:松﨑照明【著】
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • 講談社(2020/05発売)
  • ポイント 19pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

柱を立てるとはどういう行為だったのか。神を祀り天と地の通路を探った古代人の憧憬は、高く太い柱を求め、やがて神仏の近くへと山に分け入っていく。
山中に見出される聖なる岩座、そこに建てられる堂舎は懸造と呼ばれ、人々が観音や権現に伏し、籠もり、苦修錬行する拝所となる。
岩、岩窟、湧水に神仏を感じ霊験を求める日本人、形としての山岳建築に、浄所への畏敬と崇拝の心性を読む。

目次

第一章 遙拝すること・立てること――神を祀る柱
第二章 山の浄所に籠もる浄行僧
第三章 懸造という名称の由来
第四章 岩座と湧水信仰の建築
第五章 仏堂と社殿の重層空間――神仏混淆の中の礼堂
第六章 祀り拝む場のすつらえ
第七章 近世懸造の姿はどう変わったか