冠詞のトリセツ 非ネイティブがぶつかる冠詞の壁を越える!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

冠詞のトリセツ 非ネイティブがぶつかる冠詞の壁を越える!

  • 著者名:小倉弘【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • かんき出版(2020/04発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784761274900

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本人にとってなぜ“冠詞”が難しいのか、
もちろん、日本語に冠詞がないこと、そして
冠詞の理論が複数存在することも、その一因でしょう。

「a と the の違いは“特定”と“不特定の違い”」
と習ったり、
「聞き手は知らない(未知・新情報)ならa で、
聞き手もすでに知っている(既知・旧情報)ならtheにする」
と習ったり
「初登場なら a で、2回目以降は the になる」
と習ったり…。
その説明は千差万別です。

本書では、冠詞を正しく使うための方法を、
3つの原則を設定して解説していきます。
200の例題と、100の確認テスト問題を解きながら、
冠詞のセンスを身につけることができます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

55くまごろう

1
英文を書いている時に一番悩むのが冠詞。冠詞の使い方の原理原則を学べる書籍を調べたら、本書の評判が良かったので手に取った。結論から言うと、本書が掲げる大きな原則3つは指針として大いに役立ち、知っておくと考える際の拠り所となるだろう。ただ、具体的な英語表現の段になると、原則をあてはめるための理屈に無理があったり、様々な例外があったりして一筋縄ではいかない。ともあれ、外国語学習者にとっては大原則の存在はありがたい。今後再読して記憶を定着させたいと思う。2021/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15581791

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。